Home :::: 仮想通貨を始める :::: 仮想通貨マニュアル03 – どの銘柄を選んだらいいのかな?

仮想通貨マニュアル03 – どの銘柄を選んだらいいのかな?

by Ceri
その3

仮想通貨っていったいどのくらい銘柄があるのかな?

前々回のマニュアルでお知らせした銘柄格付け会社のサイト覚えてますか?

この1ページでTOPの100銘柄が時価総額順にソート(整列 / 並べ替え)されています。
こんなにあるの??  ビックリしましたか? いえいえ、まだまだ驚くのは早いですよ。なんとこの後ろに100ページ以上コインが並びます。要するに10,000種類以上あるってこと。
でも、やりたいと思いながらも実際友人のyuniちゃんのようなことを言う人も多いのね…

仮想通貨って…

ビットコイン のことを言うんでしょう? でも今は高額になりすぎて買えないよ…
Ceriちゃん持ってるっていうけど、お金持ちね!

そうなんです…こんな風に言われるんですね。『ビットコイン』は知っているのに第2位の時価総額の『イーサリアム』さえ知らない人も私の周りの女子たちにはたくさんです。

2022年、岸田政権は「資産所得倍増計画」とな

日本の金融貯蓄の2兆円の半分は現金貯蓄だっていわれますね。この利息も付かない時代でも銀行に(もしかしたら床の下とかタンスとか?)現金のまま寝かせているわけ。アメリカや欧米と比べても「運用」というものに積極的ではない人たちが多いんです。

アメリカではあのトランプ大統領時代を懐かしみ、株価低迷中で経済対策に手腕が無いバイデン政権からまたまたトランプ復活を願う人たちが本気でたくさんいるって聞きましたよ。

日本も前々から言われてきましたけど、今年、岸田政権が「資産所得倍贈計画」と謳い「貯蓄から投資へ」と呼びかけました。
だから、よく耳にするようになった『投資』と言う言葉。友人のYuniちゃんだって興味が無いわけじゃないと思ってます。

ビットコインはいくらから買えるの?

Yuniちゃんが言うように1BTCは今日2022年6月7日現在 約393万円ですから、ビットコインを持ってると聞くとお金持ちに思われるでしょうね。
2008年11月1日に論文で発表されてから3年たってもまだ1BTCが5円にも届かなかったのにね。もっと今より高値を付けてたときもあります。育ちすぎたからもうオワコンだと言う人も… ちらほらとはいますけど。だけど、投資という商品としたらきっとまだまだ人気は続くと思いますね。株式のように会社の決算報告書とか年次業績とか関係ないし、ボラもそこそこあって利益を確定しやすい商品だから。私はそう思います。

さて、このビットコイン、実際には0.0001BTC(約400円)から買えるんです。だから、小遣い程度で始めてみてもOKなんですよ。ね、ちょっとハードル下がったでしょう?

ビットコインの歴史が伝説になってます

まったく投資と話から逸れちゃいますけど… 
もうね、このビットコイン誰が提唱して始まったのか…ここにとてつもない大きなミステリーがあります。私はこういう謎にワクワクしちゃうんです。ある日忽然と表れ、ある日忽然と姿を消した人物。サトシ・ナカモト。
おわかりの通りその論文での名前から日本人ではないかと推測され、人物の特定をするために大手のニュースメディアなどでも大騒ぎ。でも、真相に迫る確証はどこにもなくて、結局まだ謎のまま現在に至ります。ロスに住んでいる変わり者のおじさんとか日本人の数学者だとか噂はありましたけど… 映画やドラマの世界なら未来からタイムワープしてきた人かも? そんな想像しました。その彼が持ってるとされる100万ほどのビットコインですが…

4,000,000*1,000,000=4,000,000,000,000

40兆円ですね…日本円に換算しないとその規模感が解らない私です… どうやらまだ換金されていないと言われます。なのであくまでも含み益ですが…

前置きが長いけど早くオススメ銘柄の話をしてよ!

Yuniちゃんに叱られますね (笑
でもマニュアルの01でもご紹介してます。
ミステリーな興味も尽きないので一押しはビットコインは間違いなし。

オススメ T0P3

  • 【1位】ビットコイン(BTC)
  • 【2位】イーサリアム(ETH)
  • 【3位】リップル(XRP)

やっぱり、最初はこのあたりをおさえるのが無難だと思います。
日本の取引所で買えるアルトコイン(ビットコイン以外の銘柄の総称)ではやっぱり資産総額からイーサリアムは押させておきたい銘柄ですよね。

では一つ一つコインのトレンドをお話ししましょう。

1位 ビットコイン(BTC)

すべて

TradingViewより引用

あえて発売からのチャートを載せましたけどこんな具合に夢の成長を遂げた仮想通貨。
詳しい銘柄の説明はまたの機会にするとして、一番知りたいことは今後どうなのかってこと。
2021年「テスラ社」CEOのイーロン・マスク氏の「テスラ社製自動車のビットコインによる購入を認めない方針」という旨のツイートから下落して約半年で半減近くまで値下がり。
でも安くなったときこそ仕込み時。

数年の短期予想では強気相場の見解を示す専門家がほとんどです。
開発時の基盤に「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を利用することで強固なセキュリティ体制を構築していますので、まずはここから始めるのがオススメ。

2位イーサリアム(ETH)

TradingViewより引用

2022年に入ってからはロシアの中央銀行が仮想通貨の取引を全面的に規制する案を提案しており、仮想通貨市場全体も下落相場。もちろん仮想通貨市場全体の大幅な下落ですね。
2018年1月には仮想通貨バブルにあやかって上昇。

ーサリアムを利用する企業のサポートを目的に2017年にイーサリアム企業連合が設立され、2022年現在TOYOTAやMicrosoft、KDDIなど有名な大企業がこの団体に参加をしています。
そこは信頼できるポイントですね。

短期的にも米国大手価格予想サイトいずれのサイトでもイーサリアムの相場は上昇していく予想が立てられています。

3位リップル(XPM)

TradingViewより引用

仮想通貨市場全体の下落に影響され、リップルも大きく価格を落としてしまっていますね。

また、現在米国の証券取引委員会(SEC)から提訴されています。提訴されている問題のXRPは「証券」か「通貨」なのかという問題に対して、日本法上は「暗号資産」であり、募集または売出しにあたって金融庁への有価証券届出書の提出を義務付けられる金融商品取引法上の「有価証券」には該当しないという解釈だそうで、影響は受けないとされます。ただし、価格については少し注意は必要でしょうか。
でも、この問題が解決した折りには大きく価格が上昇するのではないかと多くの仮想通貨投資家の間でも期待感からの予想がされています。

ブロックチェーンにはサイドチェーンも搭載されていてイーサリアムとの互換性も持たすとか。
技術的にも万全の装備でアジアに強いこのリップルは期待を持てる銘柄だと感じます。

まとめ

今後も銘柄のことはWeb3.0でのブロックチェーンの話などでオススメするものを紹介するつもりです。
楽しみにしていたください。

Ceriのオススメ

オススメ銘柄は

  • 【1位】ビットコイン(BTC)
  • 【2位】イーサリアム(ETH)
  • 【3位】リップル(XRP)

相場が下落して少し安定してきた今からがチャンスだと感じます。

You may also like