三島由紀夫原作ーBSジャパン「命売ります」第3回視聴率は? ー 壇蜜の怪しい利口さが天使に見えるか?

index

第3話あらすじ

episode3 「天使すぎる女医」

羽仁男(中村蒼)の元を訪れた3人目の客は、以前病院で出会った看護師の木島由紀(谷村美月)だった。
依頼は、女医の城山愛理(壇蜜)を失墜させるために、彼女の医療ミスで死んでくれというもの。由紀の話によると、表向き評判のいい女医は、実は患者のことは実績作りの道具としか思っておらず、むやみやたらに患者に手術をすすめているらしい。さらに彼女の医療ミスは上司が黙認することにより表沙汰になっていないという。病院のため、患者のために女医の悪事を暴きたいという由紀の依頼を受けて、入院することになる羽仁男。
まずは女医の病院での評判を落とそうとする羽仁男と由紀だったが、一筋縄ではいかず苦戦する。自暴自棄になった羽仁男は女医と関係を持ってしまい、それを知った由紀も嫉妬して羽仁男と関係を持つ。
そして、手術の日となり、由紀は羽仁男を「さよなら」と送り出した。由紀は女医の医療ミスに見せかけて、羽仁男が死亡するよう細工する計画をしていた。

ー from Official Site ー

Luna+的見どころ解説+解説

良くも悪くも…今回は壇蜜さん。
いままで私はあんまり彼女が喋るシーンを見たことが無かったもので、
あの鼻にかかる声の響きだけで、ゾワゾワと恐ろしかったです。
笑顔も特徴的で…きっとこういう役しか出来ないでしょうね。
そういう意味では迫力出ていました。

羽仁男の命を売った相手のただの私怨でしたね。
今までの話と比べるとちょっと売る相手の役不足感があります。
白衣の天使が、死へ誘う薬を打つシーンなどはシュールなブラックさも漂ってます。
一方では患者のためにと良いながら、実際には自分の都合で躊躇いもなく羽仁男の死を企てていくお話でした。

まぁ、途中で気が付くんですけれどね、
それが羽仁男と寝ることでだったとは…ちょっと気に入りません。

最後の女医からのしっぺ返しの背景で羽仁男だけが、相変わらず坦々としてクールな退場をしていきます。
レギュラー陣が増えた所為か、シュールさが無くなってきたかも知れません。
YOUさんの台詞はお茶の間的だし、
吸血鬼の母を持つ薫くんもお節介だし、
命を売るシーンには関わらせない方が良い気もしましたね。

まぁ、今回は最初にも書きましたが、壇蜜さんです!
いやぁ、ちょっと苦手な女優さんでした!

【リバース】 各話あらすじ 視聴率