乾くるみ原作+貫地谷しほり主演『リピートー運命を変える10ヶ月ー』第3回視聴率は?ー もう2人もお亡くなりに…

index

第3話あらすじ

リピート仲間が続けて二人も亡くなった。二人の死を不審に思いつつも、篠崎鮎美(貫地谷しほり)と毛利圭介(本郷奏多)は、天童太郎(ゴリ)がリピートをした本当の理由を知って、手伝おうとする。だが、天童の願いが叶うと思ったその矢先、想定外の事件が起こってしまい……

 ー from Official Site ー

Luna+的見どころ解説

リピート後はそれぞれの人生が変わっていくのはあたりまえ。
変えた後の人生はまだ初めての経験なわけだから、良い方向に進むのかどうかも解りません。
でも、変えることを望んでタイムリープしてきたんだからね。
ただm思うようには行かないのが人生ってお話。

貫地谷しほりさんの演じる鮎美の独白はなかなか面白いので今日もその辺りチェックしてみてみます。
「君棲み」の今日子さんと同じような大人しくて後輩にはバカにされっぱなしの女性です。
表面では絶対言えないことを心の中で毒づいているのが面白いんですね。
だいたいこの辺りが実写版のオドオドの限界でしょう。
あちらの今日子がどれほど超えちゃっているか、鮎美をベースにご覧くださいませ。

貫地谷しほりさんは演技もお上手で人の目を真っ直ぐ見る眼差しも素敵ですよ!

また観たあとで感想を書きます。
皆さんもドラマを楽しんでくださいね!

視聴後の感想

ゴリさん、演技お上手ね!

さて今回は、ゴリさん演じる天童さんのお話。
リピートしても「人の生き死にに関わること」には手を出してはいけないと謎のルピートに誘った風間から言われていました。
だから、
「流行する前に名物スイーツをSNSにあげてヒットさせたい」
などと欲の無いことを言ってたんですね。
天童さん、最初からなんだか怪しい感じがプンプンだったけど、
やはりこの言葉の裏に隠した本当に目的が悲しいお話でしたね。
成田空港へ向かうバスに乗り合わせた10才の一人息子がトラックとの事故で亡くなっていたんです。
これをなんとか阻止しようと天童と共に鮎美と圭介が奔走するわけですが…
こんな悲しみを経験していたら私だって、ルールを破っても同じ事をします。
そうじゃなければ、小心者だからリピートもしませんけどね。

今回面白かったところは、子のをどうやって回避するかの部分です。
いろいろ手を尽くしても運命も次の手を打ってくるんですよ。
まるで、「運命」という人物が存在しているみたいなんです。

阻止しきれずに自分も事故に遭うバスに天童の息子と一緒に乗ってしまった鮎美はなんとバスの運転手に「これから事故に遭いますからバスを止めてください」と…
こんなこと誰も信じませんよ?
なにやってるんだろ!と突っ込もうと思っていたんですが、
ああ…そっか!
おそらく、これバカ正直で人とのコミュニケーションが不得意な鮎美のキャラを演出しているんじゃ?
嘘や方便とそういう上手な生き方が出来ないのが鮎美なんだと。

私としてはどう対処したら良いか考えましたよ。
鮎美になった気分です!
妊婦のふりでもしてお腹が痛いふりをすれば、バス運転手も乗客も協力してくれるんじゃ?
でも、それだけじゃ天童の息子は一緒に降りてはくれないですねね。
爆弾騒ぎはどうかしら?
とか。
とにかく時間がどんどん迫ってきますからハラハラなんです。

結果、天童の息子は救えるんです。
でも、その代わりに別の少年が亡くなってしまいました。
もしかするとその亡くなった少年は将来大きな偉業をなすはずの人だったかも知れません。
風間の言うように小さなエゴを繰り返していけば、もっと大きな未来が変わっていく…
そんなモヤモヤが残ってします結末でした。

それにしても鮎子の婚約者(破棄したけどね)も圭介のストーカー彼女も、
この先まだ恐ろしい事を仕掛けてきそうですね…

謎が読めない部分が多くてなかなか楽しめます。
「良きこと」「悪しきこと」これが表裏一体なんだと思うと「都合良きこと」を掴むのもそこそこ怖いなぁ…という警鐘のドラマですね。
結構楽しめます!

【リバース】 各話あらすじ 視聴率