2018ー4スタートの日テレ系ー新水曜ドラマは 阿川佐和子原作+吉高由里子主演で『正義のセ』

index

阿川佐和子の小説をドラマ化!

主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。
まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。
周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。

まっすぐなヒロインが、仕事に恋に悪戦苦闘!
もちろん、仕事だけじゃなく恋にも悩む主人公。
喜び、笑い、泣き、怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。
「正義のセ」は、見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマです!

スタッフ

脚本:松田裕子
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:加藤正俊、鈴木香織
演出:南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ
制作協力:AXON
制作著作:日本テレビ

キャスト

主演 吉高由里子

初めての検事役ということで、難しい事件モノになるのかなと最初は身構えましたが、阿川さんの原作本を読ませていただき、普通の女の子がたまたま検事になり、仕事に恋に失敗しながらも一生懸命立ち向かっていく、女性なら誰もが共感できるお仕事ドラマだとわかってホッとしました。
このような等身大の役をいただいた今回が、20代最後のドラマ出演になるのかなと思うと、自分の年齢にも改めて気づかされます。
主人公の凜々子が、検事としても女性としても成長していく物語なので、凜々子と一緒に自分自身も作品を通して成長していきたいと思います。

原作 阿川佐和子

『正義のセ』は、正義を貫きたいあまり、あちこちにぶつかって腹を立て、失敗を繰り返して泣きわめき、でもなぜかまわりに助けられて少しずつ成長しようとする、困ったほどに不器用な新米検事、凜々子の物語。

Luna+的見どころ解説

ぼちぼと、次の春クールの案内が入ってくるようになってきましたね。
この枠は、現行、広瀬すずちゃんの「anome」が放送されているところです。

まだオフィシャルサイトが立ち上がっていないのでよく分かりませんが、
他の配役についてはまだ発表待ちのようですね。

スタッフは吉高由里子ちゃんと同様「東京タラレバ娘」の方々が再集結して作り上げるとのこと。
面白いドラマでしたけれど、ああいう女子の駆け引きは嫌いだったなぁ…
でも視聴率は坂元裕二さんの「カルテット」より良かったんですよね。
二桁キープで推移したドラマですのでまた二匹目のドジョウは水曜日にいるのでしょうか!

こちらでも情報が入り次第、追加で掲載していきますね。
お楽しみに!

【正義のセ】 各話あらすじ 視聴率

2018ー4スタートの日テレ系ー新水曜ドラマは 阿川佐和子原作+吉高由里子主演で『正義のセ...

阿川佐和子の小説をドラマ化! 主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。 まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。 周りを巻き込...