鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』ー子供時代も魅力的!好発進!!

第1話あらすじ

「薩摩のやっせんぼ」

天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。
「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。
しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

from Official Site

Luna+的見どころ解説

どうでしたか? 皆さん。
第1話、見終わりました。
面白かったです!

茶事のお菓子目当てで城中に忍び込み、そこから逃げる途中の森の植物が南国・薩摩の感じなんです。
この森、本当に綺麗でした。
オープニング・クレジットの背景画像もとても綺麗です!
流行のドローンで撮影されたんでしょうか。
それから、子供達が川でウナギを捕まえるシーンなども、なんか黒沢映画のようにTVの区画に良いバランスで配置されていて凄くセンスも良かった!
NHK本気モード演出で出来上がってきたドラマでしたよ。

下級武士の男の子たちがいつもお腹をすかせて、それでもでっかい夢を見ながらたくましく成長していくんですね。
本当に今時の子役さんは皆さんお上手!
下帯(褌)姿で可愛らしいお尻を出して薩摩言葉を喋るんですよ!
何を言ってるのか所々よく分からないんですけれど、
演技のながれでそこは何とか繋がっていくんです。
凄く難しい言葉はちゃんと読みがな付きでテロップにしてくれますが、
こういうリアリティーって本当に大事だなぁって思いました。
ムードですよ!雰囲気!こういう丁寧な作り込みが子供達の名演を盛り上げていました。

さて、子供の喧嘩とはいえいつも狡っこいヤツはいるんですね。
吉之助は「二度と右腕で刀を握れない」というほどの怪我をしてしまいます。
この時の風間杜夫さん演じる吉之助の父親は、吉之助にとっては悔しさの残る「喧嘩両成敗」といって逆に頭を下げてしまうんですね。
あのシーン、見ている私も悔しかったけれど、こういう父が居なければ人を思いやる男に育たなかったのかも知れません。
弱いんじゃ無いんです。卑屈でもありません。
本当に正しいと思うことを損得なしに選びとる力とでもいうのかな、人間力とでも申しましょうか。
良い感じの西郷家です。
そして松坂慶子さんのお母さん。
吉之助の傷が治るように、もう一度刀を持てるように…地蔵様に頭をこすり付けて自分の手と交換にと祈りました。

島津斉彬は薩摩の世継ぎですから,江戸棲まいなんですね。
徳川の人質です。だから江戸言葉。
なんか薩摩も色々ありそうです。ちょっと学芸会っぽい小柳ルミ子さんが台詞で言わされておりましたね。

いやぁ、黒木華ちゃんの糸ちゃん。
上野の西郷高森像の除幕式に「こんな人じゃない」…って言っていましたね。
この話は有名な話で知っていました。
制作にあたっては人々からの寄付金も寄せられ、西郷隆盛を知る人々が生きているうちにに逆賊ととしての死の汚名を晴らすためにと頑張ったからだと聞いています。
制作は高村光雲。「智恵子抄」の高村光太郎お父さんで有名な彫刻家さんです。

吉之助のカリスマ天狗の斉彬がもう世界を見ていました。
こういう殿がいれば一緒に夢を見たいと思うでしょう!
世界地図の中で本当にちっぽけな日本。
そこに薩摩の地名が書いてあったと。
吉之助のワクワクする夢に一緒にドキドキしたいと思います!
あと49回、初回と同じように丁寧に作っていってくださいませ!!

期待してます!

【西郷どん】 各話あらすじ 視聴率

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第2回の視聴率は?ー熱い男・吉之助元服!

第2話「立派なお侍」 西郷は、元服して吉之助(鈴木亮平)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』ー子供時代も魅力的!好発進!!

第1話あらすじ 「薩摩のやっせんぼ」 天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごし...

NHK大河ドラマ-鈴木亮平主演『西郷どん』!あらすじ・ネタバレ・視聴率!-林原作を超えて中...

物語 西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。 両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけ...

林真理子の原作小説「西郷どん」のあらすじと結末とは!?キャスト鈴木亮平の合致点&...

「西郷どん」の原作者・林真理子女史 2018年のNHK大河ドラマが『西郷どん(せごどん)』に決まり、各方面から一斉に嫌悪の記事が発せられています。 原作の『西郷どん!』...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here