瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第6話 頼りなさそうで頼れる伴四郎!良い味出たよっ!

第6回「鯛のセレナーデ」

不景気のあおりを受け、仕出し「川原屋」のお菊(酒井若菜)は、掛け金の回収もままならず、高野藩との取り引きも打ち切られる。
その上、亡き夫の親戚からは、商売を存続させるため、料理人・京一(坪倉由幸)との縁談を強いられる。
そこでお菊は苦し紛れに「伴四郎(瀬戸康史)と恋仲だ」と嘘をつき、伴四郎&お菊VS京一の料理勝負に発展!伴四郎はしり込みするが、ある日、お菊の亡き夫が残した「川原屋」へのおもいを知り…。

Luna+的見どころ解説

毎回、台詞を吐く息が真っ白ですね。
寒そうです…
そしてあの暗い台所が江戸の夜なんですね。

さて、今回も勝負料理です。
川原屋を救うべくお菊と一緒に立ち向かう伴四郎ですが、
そのお菊に好意を寄せられてしまうというオマケのお話まで混ざってきます。
国元の妻からは便りが途絶えていて気を病む伴四郎でしたが…
まぁ、1話からずっとすずに対する伴四郎の思いを見せつけられていましたからね、そこは全く案じるところではありません。
ただ、お菊にとっては気に入らぬ伴侶を与えられることは何が何でも避けたいのですよ。
だって…婿候補の京一って気持ち悪いもの!
しかし、この30分ドラマはその京一の人柄をまた上手に解りやすく台詞で表現させていました。
そう、自信の無いヤツは小声なんです…

さてさて、まぁ、すずとの行き違いもめでたく解消して、川原屋も悪巧みのおかげで返って得をする形になりました。
ただ、この先あと2回になにやら暗雲となりそうな五郎右衛門の手紙…
これが気になるので次回もきっと皆さんご覧になるかと…

今回は殿の出番はあんまり無かったけれど、食べかけのお団子事件で敏感に人の関係を察するあたり、やはり切れ者殿でございますね。(関係ないでしょうか…?)

【幕末グルメ ブシメシ!】 各話あらすじ 視聴率

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第8-最終話 地味だけど手をかけた渾身の...

第8回「魂のブシメシ!」 脱藩を企てた五郎右衛門(田中圭)。しかし、伴四郎(瀬戸康史)の目の前で捕縛され、牢(ろう)に入れられる。伴四郎は、五郎右衛門に面会を求めるがかなわな...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第7話 あと1回で終わっちゃう!五郎右衛...

第7回「渋柿レクイエム」 伴四郎(瀬戸康史)が惨助(草刈正雄)に妻・すず(三吉彩花)ののろけ話をしていると、平三(平田満)が飛び込んでくる。故郷にいるはずのすずが、五郎右衛門...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第6話 頼りなさそうで頼れる伴四郎!良い...

第6回「鯛のセレナーデ」 不景気のあおりを受け、仕出し「川原屋」のお菊(酒井若菜)は、掛け金の回収もままならず、高野藩との取り引きも打ち切られる。 その上、亡き夫の親戚から...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第5話 驚きのご落胤!高野藩にピンチが訪...

第5回「鶏と卵の親コンチェルト」 江戸の町を騒がせている茂照(草刈正雄)の隠し子騒動。 瓦版がでっち上げたでたらめかと思いきや、真実だった!しかし、子どもに対して「二度と会...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第4話 柳のようにしなやかに頑張れ!伴四...

第4回「鳥唐揚げのカピタンゴ」 近ごろ、真面目で勤勉な同僚・矢沢五郎右衛門(田中圭)の様子がおかしい。その原因は鶏鍋「きじや」の娘・お羽(草刈麻有)への恋心。店主が亡くなって...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第3話 伴四郎はやせの大食いとな?

第3回「蒟蒻エレジー」 伴四郎は茂照から立石藩への遣いを頼まれる。近々、藩対抗の相撲大会が行われるため、相手藩の力士を偵察に行って欲しいというのだった。偵察先で伴四郎は、非力...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第2話 草刈正雄さん!NHK時代劇にはこ...

第2回「筍と蛤のルンバ」 伴四郎(瀬戸康史)が無礼を働いた中間が、実は殿・茂照(草刈正雄)であったことが判明!茂照は許す代わりに、最近塞ぎがちで元気のない正室・千代(戸田恵子...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第1話 たった30分ドラマに個性的キャラ...

第1話「茶粥でチャ・チャ・チャ」 参勤交代で江戸にやってきたマイペースで気の弱~い武士・酒田伴四郎(瀬戸康史)が、妻が忍ばせた“献立”で周囲の悲喜こもごもの悩みを解決する“ほ...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送決定!あらすじ・ネタバレ-大好きだからまた...

再放送決定! 時は幕末、ところはお江戸、殿の参勤交代でまかり越しました酒田伴四郎。花の都のまん中で、愉快な日々と思いきや、妻子恋いしや、涙涙の単身生活。けれど殿や同輩、町娘、...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here