中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆりの4姉妹-『平成細雪』あらすじ・ネタバレ・視聴率!-どうして平成?

まえがき

あの美しき四姉妹が、平成日本にあらわれる!
文豪・谷崎潤一郎の名作「細雪」が、バブル崩壊後を生きる女性たちの物語としてよみがえります。
脚本は岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞受賞の蓬莱竜太。
2018年の年始を飾る、華やかで美しく、せつないけれど笑えるゴージャスなスペシャルドラマ。

2018年1月7日(日) 午後10時00分 NHK BSプレミアムで放送<全4回>

スタッフ

【原  作】谷崎潤一郎「細雪」
【脚  本】蓬莱竜太
【音  楽】稲本響
【演  出】源孝志

キャスト

登場人物

蒔岡鶴子(中山美穂)

蒔岡鶴子(中山美穂)

蒔岡家の長女。通称いとはん。高校生の時に亡くなった母から本家の「御料(ごりょん)さん」として家族を背負って生きる使命を託される。大阪・船場にある先祖代々の家と財産を守り、かつての栄華の記憶を胸に誇り高く生きようとする。

蒔岡幸子(高岡早紀)

蒔岡幸子(高岡早紀)

蒔岡家の次女。通称・中あんちゃん。結婚して兵庫・芦屋の瀟洒な分家に暮らす。夫・貞之助との間に一女・悦子がいる。妹の雪子をなんとかして結婚させようと、数々のお見合いを実現させるが、鶴子にひっくり返されてきた。

蒔岡雪子(伊藤歩)

蒔岡雪子(伊藤歩)

蒔岡家の三女。通称きあん(雪姉)ちゃん。芦屋の分家に暮らす。30代半ばにさしかかろうとしており姉夫婦たちから結婚を望まれている。しかし、人の欠点が目についてしまう性格もあり、お見合いは中々実らない。

蒔岡妙子(中村ゆり)

蒔岡妙子(中村ゆり)

蒔岡家の四女。通称こいさん。本家に暮らしていたが、駆け落ち事件を起こして以来、分家へ。家の束縛を嫌い、自ら服をデザインして販売し、自立を志している。ある晩、関西を襲った台風に巻き込まれる。

奥畑啓三(福士誠治)

奥畑啓三(福士誠治)

船場の貴金属商の三男。通称「啓坊(けいぼん)」。妙子と結婚しようとするが、姉たちに反対されたため、駆け落ち事件を起こし、週刊誌スキャンダルになってしまう。

板倉潤一(柄本佑)

板倉潤一(柄本佑)

写真家。かつてパリで写真の勉強をし、帰国後は生活のために奥畑家の運転手をしていた。妙子の作った服の写真を撮っていたことから徐々に親しくなる。

蒔岡辰雄(甲本雅裕)

蒔岡辰雄(甲本雅裕)

蒔岡本家当主。鶴子の夫(婿養子)。銀行員。蒔岡の家を守るために奔走する。かつて職場の上司の仲介で雪子のお見合いを段取るが、雪子の思わぬ理由で断る羽目になった。

蒔岡貞之助(神尾佑)

蒔岡貞之助(神尾佑)

蒔岡分家当主。幸子の夫(婿養子)。一流商社マン。幸子との夫婦仲はよく、雪子の結婚の実現のためにも労を惜しまない。

物語

平成4年春、大阪船場を代表する名家・蒔岡家は会社を人手に渡し、元禄以来の歴史を閉じた。
何不自由なく生きてきた四姉妹の新たな人生が始まる。
長女・鶴子(中山美穂)はかつての栄華の記憶を胸に誇り高く生きようとするが現実はままならない。
次女・幸子(高岡早紀)は心優しい夫に不満はないが、二人の妹の不可解な行動に振り回されている。
周囲から結婚を望まれている三女・雪子(伊藤歩)は、人の欠点がまず目についてしまうという性格が災いし、実らぬ見合いはすでに20回近い。四女・妙子(中村ゆり)は家の束縛を嫌う、恋多き奔放な女性。ある夜、妙子は関西を襲った台風に巻き込まれる。そして激しく動き出す四姉妹の運命・・・。

from official site

Luna+的見どころ解説

う〜〜ん、どう考えても平成に置き換えると面白さが半減しそうなんですが…?

脚本の蓬莱竜太さんは劇団「モダンスイマーズ」の旗揚げからずっと座付きの作家として活躍する方だとか。
岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞受賞とオフィシャルサイトには書いてあります。
どちらにしても戯曲に与えられる賞です。

戯曲とドラマ脚本とどう違うのかってことですが、
私なりに思うのは、ドラマは台詞以外で表現できる部分が沢山あるってところ。
表情のアップも出来れば、そこでの無言が多くを語ることもあります。

NHK好きですけれど…これはどうかなぁって…
でも、笑えるそうなのでそこに期待してみてみましょうか?

それにしても4方の和装ですが、既知の細雪を踏襲してますよね。
吉永小百合さんが3女きあんちゃんを演じた映画を思い出していました。
彼女の見合い話でほとんど内容を占めていましたけれど、あの時代のしがらみに巻かれる利口さと抵抗する幼さとが重鎮のお姉様2方と比較になって印象に残っています。

平成版にわざわざ和装の扉を作ったあたり、なんか…ズレズレにならないかと心配してるのは私だけでしょうか?

【リ平成細雪】 各話あらすじ 視聴率

いいねぇ高岡早紀さんの語りー『平成細雪』第2回の視聴率は??ー 雪子さんの話も良かった!

第2話あらすじ 妙子は、駆け落ちまでした腐れ縁の啓坊(福士誠治)から指輪を送られるが、心は離れていき、写真スタジオを切り盛りする板倉(柄本佑)と急接近していた。その頃、幸子夫...

高岡早紀が本日初回は主演かしらー『平成細雪』初回の視聴率は??ーちょっとも平成っぽくない「...

第1話あらすじ 第1話 平成4年春、大手企業マキオカグループの総帥・蒔岡(まきおか)吉次郎(長塚京三)による経営破たん記者会見が開かれた。 大阪船場を代表する名家・蒔岡家...

中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆりの4姉妹-『平成細雪』あらすじ・ネタバレ・視聴率!-ど...

まえがき あの美しき四姉妹が、平成日本にあらわれる! 文豪・谷崎潤一郎の名作「細雪」が、バブル崩壊後を生きる女性たちの物語としてよみがえります。 脚本は岸田國士戯曲賞・鶴...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here