三谷幸喜脚本-NHK2018正月時代劇-『風雲児達』の視聴率は??-偏屈主人公を取り巻く周りの人物設定が素晴らしい!

index

このドラマについて

大河ドラマ「真田丸」より1年――。
三谷幸喜が満を持して送る究極のエンターテインメント時代劇!

今度のお題は前野良沢と杉田玄白による〝蘭学事始〟。
史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ二人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げます。しかし、刊行された「解体新書」になぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなりました。二人の間にいったい何が起きたのか…。
みなもと太郎さんの大河歴史ギャグ漫画を原作に、笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが誕生します。

スタッフ

原 作:みなもと太郎「風雲児たち」より
脚 本:三谷幸喜
音 楽:荻野清子
語 り:有働由美子
プロデューサー: 小林大児

キャスト

解体新書翻訳の中心人物たち

中津藩の蘭方医

前野良沢(まえの りょうたく)

片岡愛之助

豊前国中津藩の藩医。蘭学を志し、長崎留学中に「ターヘル・アナトミア」と出会う。以来、その翻訳書である「解体新書」の編纂するだけでなく、様々な分野の蘭書の翻訳に心血を注ぐ。主君・奥平昌鹿より「蘭学の化け物」と賞されたことを誉とし、「蘭化」とも号した。しかし「解体新書」にはなぜかその名が記されていない。

若狭小浜藩の蘭方医

杉田玄白(すぎた げんぱく)

新納慎也

若狭国小浜藩の藩医。「ターヘル・アナトミア」の解剖図に描かれた人体の内部に驚き、医学の未来のためにその翻訳出版を志す。後年は町医者として開業するとともに私塾を開設、後進の育成に努めた。特に外科の技術は当代随一とされ、蘭学の第一人者と目されたが、実はオランダ語は苦手だったとも。

若狭小浜藩の蘭方医

中川淳庵(なかがわ じゅんあん)

村上新悟

若狭小浜藩の蘭方医。前野良沢や同藩の先輩である杉田玄白と共に、「解体新書」の翻訳に深く携わる。

名門家系のエリート蘭方医

桂川甫周(かつらがわ ほしゅう)

迫田孝也

代々徳川将軍家に仕えた幕府奥医師の名門、桂川家を継ぐ蘭方医。「解体新書」翻訳の主要メンバーの一人。

医学者たち

桂川甫周の父・幕府奥医師

桂川甫三(かつらがわ ほさん)

中原丈雄

「解体新書」翻訳メンバーである桂川甫周の父。幕府奥医師のうち、唯一の蘭方医の家柄。優秀で人柄も慕われ、奥医師を代表する「法眼」の地位を得る。

奥医師・漢方医

多紀元徳(たき もとのり)

山西 惇

徳川将軍の診療を担当する奥医師のうち、漢方医のリーダー的な存在。医学館を主催し、後進の指導にも努めた。新しい医学である蘭方の台頭に不安を覚えている。

蘭方医

石川玄常(いしかわ げんじょう)

中川大志

「解体新書」の著者に名前のある蘭方医だが、翻訳作業には、かなり遅れて参加したとみられ、真の貢献度は今なお明らかにされていない。良沢の名前削除と並ぶ「解体新書」クレジットの謎である。

蘭方医

大槻玄沢(おおつき げんたく)

大野泰広

玄白と良沢の弟子として、師匠二人から名前を一字づつもらったとされる。玄白の命により「解体新書」を全面改訂、蘭学の普及に貢献する。

蘭方医

安岡玄真(やすおか げんしん)

浅利陽介

杉田玄白とその弟子・大槻玄沢に師事。後に、日本初の本格的蘭和辞書「ハルマ和解」の編纂に参加するなど、蘭学の発展に大いに寄与する。のちの宇田川玄真。

前野家の女たち

良沢の妻

前野珉子(まえの たまこ)

長野里美

前野良沢の妻。両親を早く失った良沢に家族の温もりを与えた献身的な妻。

良沢の長女

前野富士子(まえの ふじこ)

中島亜梨沙

前野良沢の長女。しっかり者の姉として家族を支えるが、体調を崩してしまう。

良沢の次女

前野峰子(まえの みねこ)

岸井ゆきの

前野良沢の次女。天真爛漫で好奇心旺盛な少女だったが、やがて母に代わって父を支える存在となる。

協力者たち

博物学者・発明家 など

平賀源内(ひらが げんない)

山本耕史

多方面に才能を示した空前絶後の奇才。本草学、地質学、医学、蘭学などあらゆる学問を修めただけでなく、鉱山開発やエレキテルの修復など、実地でも能力を発揮した。また戯作本や浄瑠璃台本の執筆、果ては商品広告までも手掛ける。

江戸幕府老中

田沼意次(たぬま おきつぐ)

草刈正雄

時の政治を動かす実力者。紀州藩足軽の家柄から、側用人を経て一代で老中にまで昇進した。傾く幕府財政と揺らぐ封建制度という現実を前に、商業重視の政策を断行。このため保守勢力から「金権政治」との批判を受けたが、時代の先を見据えた開明的政治家とも評価される。新しい思想に興味を持ち、平賀源内、工藤平助とも交流を持った。

豊前中津奥平家藩主

奥平昌鹿(おくだいら まさか)

栗原英雄

豊前中津奥平家藩主。領民を大切にした名君。前野良沢を庇護し、蘭学を奨励する。

「秋田蘭画」の祖

小田野武助(おだの ぶすけ)

加藤 諒

秋田藩士。平賀源内に画才を見込まれて西洋画の指導を受け、東北地方で花開いた洋画文化「秋田蘭画」を生み出す。源内の推薦で「解体新書」の図版を描く。

幕府のオランダ語通詞

吉雄耕牛(よしお こうぎゅう)

小日向文世

幕府の公式通訳「オランダ語通詞」の最高位・大通詞を務める。前野良沢を始め、当時の蘭学者の多くは耕牛の教えを受けた。「解体新書」の序文を依頼され、訳者名には無い良沢の業績を讃えた。

版元

須原屋市兵衛(すはらや いちべえ)

遠藤憲一

江戸最大手の版元(出版社)「須原屋」グループの一人。鎖国時代の江戸において、海外に関連する先鋭的な書籍を次々に出版し物議を醸した。「解体新書」を大ベストセラーに導いた立役者。

同時代の風雲児たち

尊王思想家

高山彦九郎(たかやま ひこくろう)

高嶋政伸

幕末の志士たちに大きな刺激を与えることになる群馬出身の尊王思想家。「寛政の三奇人」のひとり。人付き合いの苦手な前野良沢となぜか気が合い、その交流は生涯続いた。

「海国兵談」著者

林 子平(はやし しへい)

高木 渉

仙台藩士。全国を旅して見聞を広め、海に囲まれた日本にとっての海防の重要性を説いた。剣の達人。

「赤蝦夷風説考」著者

工藤平助(くどう へいすけ)

阿南健治

仙台伊達家藩医。西洋との接触を予見し、ロシアの北からの侵入を警告する「赤蝦夷風説考」を著した。

その他

「風雲児たち」の生みの親

寛三(かんぞう)

みなもと太郎

腑分けをして見せる老人

国松(くにまつ)

小林 隆

骨ヶ原の番人

新蔵(しんぞう)

近藤芳正

– from official site –

Luna+的見どころ解説

どうですか?
1時間半のドラマの中にこれだけの登場人物が出てきます!

流石、三谷作品!
偏屈な前野良沢と処世術に長けた杉田玄白という設定の元でとにかく人物設定が素晴らしいです!

「これは大河ドラマではない」
「追って時代考証は大雑把である」
こんな有働さんのナレーションで始まります。
時代考証は大雑把なのでしょう、そう言ってますから。
でもね、いつもながらHNKさんの細部に拘った小道具、大道具の美しさは目を見張るものがありましたよ。
開国を望みだした江戸後期。
西欧との文化や知識の大きな隔たりを目の当たりにしたら渇望せざるおえませんね。
そんなじっとしていられない人たちが大勢登場してくるんです。

真田丸で三谷作品を盛り上げた配役がゾロゾロですよね。
草刈さんの田沼意次。良い感じです!
金の亡者という評判を自身で恥じていないんですよね。
玄白の「はした金」を一旦受け取るシーンなんかは民放時代劇の悪老中のイメージはありませんから。
それよりその金を事を成し遂げることに使えと。
で、10倍にしてもってこいと。
このやりとりが田沼意次の懐の深さを物語っていて台詞で人物をイメージさせるんですね。
素敵です!

愛之助さんの前野良沢は全く面白みの無い人間。堅物。
要するに学者バカって言うんでしょうね。
こういう中心を一本おいてその他の周りは、3〜4分程度しか登場してこない人物も本当にみんなキラキラ活きているキャラクターで動かしていってます!
こういうところが楽しくて素晴らしいドラマでした。

原作は漫画だったんですね。
みなもと太郎「風雲児たち」。
残念ながら読んだことありません。
三谷幸喜さんの台詞が素晴らしいの、この原作が素晴らしいのか。
どちらにしてもこれはHNKにしか作れないドラマだとそれだけは確信できました!

HNKの時代劇をもっともっと見たくなりましたよ。
更には江戸の文化や庶民の歴史ももう少し知識を付けたくもなりました。
犬が飼い主の命を受けたった一匹でお伊勢参りをしてこれたという江戸時代。
宿場、宿場の人たちがその犬に食事を与えお伊勢様では首からさげたお札台でお札を買い与え、
また無事にお江戸に戻ってこれとという本当に温かな時代です。
藤沢周平、池波正太郎、平岩弓枝、山本周五郎、NHK時代劇ドラマをたくさん観たくなりました!

面白かったです!

【NHKドラマ】 お勧めの記事

東山紀之主演ーBS時代劇「大岡越前4」第6回視聴率は?- 「瞼の母」大岡編!

第6話「まぶたの母は大奥様」あらすじ 忠相(東山紀之)の母・妙(松原智恵子)の隠し子だという渡世人・巳之吉(喜多村緑郎)が現れ、忠相を兄上と呼ぶ。周りのものはビックリ。巳之吉...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」第6回視聴率は?? – もう最終回近し!ちょっと...

第6話あらすじ ようやく書状を取り返した伴四郎だったが、今度は妻・すずの行方が分からなくなってしまう。夜の町を探し回る伴四郎は、お羽を襲う黒マントの大男に遭遇する。同じ頃、江...

水川あさみ4役ーNHK BSプレミアムドラマ『我が家の問題』第2回視聴率は?- 取り越し苦...

第2話あらすじ 仕事ができない夫に悩む妻 どうやら夫の秀一(大谷亮平)は“仕事が出来ない社員”らしい。たまたま見に行った会社の野球大会で同僚のやじを聞いた時、“もしかして”...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第6回の視聴率は?ー 吉之助が牢に入った理由があ...

第6話あらすじ 藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助(鈴木亮平)は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。男は吉之助を警...

東山紀之主演ーBS時代劇「大岡越前4」第5回視聴率は?- 子供は親を選べないのよ!

第5話あらすじ 「情けが仇(あだ)の八両二分」 岡っ引きの辰三(石井正則)が、ひょんなことから家を買うことになり、忠相(東山紀之)たちは資金を集めて辰三に渡す。辰三は、借金...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」第5回視聴率は?? – たまには叔父貴どのも力に...

第5話あらすじ 原田宗太郎(笠原秀幸)に闇討ちされた惨助は、命からがら川原屋に助けを求める。与一(クロちゃん)から知らせを受けた伴四郎は、殿の容体を危惧する。翌日、エゲレス公...

水川あさみ4役ーNHK BSプレミアムドラマ『我が家の問題』初回視聴率は?- 妻の対応にビ...

第1話あらすじ 第1回「夫とUFOに悩む妻」 美奈子(水川あさみ)の夫・達生(小泉孝太郎)がある日、会社からの帰宅途中、UFOを見たと言い出す。美奈子はUFOが本当にい...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第5回の視聴率は?ー 於一(篤姫)北川景子登場!...

第5話あらすじ「相撲じゃ!相撲じゃ!」 藩主に就任した斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父が流罪で未だ謹慎中の大久保正助(瑛太)は、斉...

東山紀之主演ーBS時代劇「大岡越前4」第4回視聴率は?- 子供は親を選べないのよ!

第4回「万病治した孝行娘」 お鈴(荒井萌)は、病身の父・太吉(小倉久寛)のために、万病に効くと評判の「神命丸」を手にいれようとするが、高価で手が出ない。分割払いで売ってくれと...

99作目のNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインは安藤サクラ!

ヒロインの仁子さん決定 平成30年10月1日にスタートする第99作品目のNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに女優の安藤サクラさんが決まったと1月31日発表されました。...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」第4回視聴率は?? – 久々!料理メインの勝負で...

第4話あらすじ 栗の五目煮でびっクリ 料理の腕を認められ、伴四郎は賄方に昇格する。そんなやさき、南海藩では「召し放ち総入れ札」が行われることになった。財政難のため、不要な人...

水川あさみ4役ーNHK BSプレミアムドラマ『我が家の問題』あらすじ・ネタバレ・視聴率!

まえがき それぞれの 妻 が“ある問題”を抱えていた・・・。 奥田英朗さんの人気短編小説集をドラマ化。夫の異変や新婚生活に悩む“4人の若妻”をそれぞれ各話の主人公とする1話...

中山美穂主演ー『平成細雪』第4回の視聴率は??ー 究極の婚活物語!

第4話・最終回あらすじ 事故に巻き込まれた板倉の容態はかんばしくない。一方、雪子には新たなお見合い話が舞い込んでいた。井谷によると、相手は旧子爵家のお坊ちゃまで大手広告代理店...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第4回の視聴率は?ー 西郷どん、きばれ!

第4話あらすじ 斉彬(渡辺謙)を藩主に担ごうとする人たちを、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」第3回視聴率は?? – 今晩は西洋料理に挑戦?

第3話あらすじ 人足衆の窮地を料理で解決した伴四郎は、書状が勘定方の新八(桐山漣) から藩の御用商人・桔梗屋(国広富之) に渡ったことを知る。その書状は清之助の出自にまつわる...

平成30年度後期 NHK連続テレビ小説 『まんぷく』についてのデータベース

「大丈夫。あなたはきっとやり直せます!」 あきらめない夫のそばには、いつも逃げない妻がいた。 連続テレビ小説 第99作『まんぷく』では、戦前から高度経済成長時代にかけての激...

NHK朝ドラ100作目は広瀬すずの『夏空-なつぞらー』だとか。彼女ほどイメージの変わる女優...

ヒロインは広瀬すず NHKの朝ドラ「連続テレビ小説」は1961年(昭和36年)からはじまった歴史あるドラマです。 当初、1974年までの14年間は1年ごとの構成でそれ以降は...

高岡早紀さんの語がない!ー『平成細雪』第3回の視聴率は??ー きあんちゃんの縁談はまとまる...

第3話あらすじ 今回の雪子のお見合い相手はルックスも性格も非の打ち所のない男。妙子夫婦は、今度こそ話をまとめたいと切望するが…。平成によみがえった「細雪」第三話。 –fro...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第3回の視聴率は?ー 今度もまた熱く問題解決して...

第3話あらすじ 「子どもは国の宝」 大家族の西郷家に四男が生まれ暮らしはますます苦しくなり、吉之助(鈴木亮平)は父・吉兵衛(風間杜夫)と商家から大借金をする。そんなとき...

志尊淳主演- NHKドラマ10「女子的生活」第3回視聴率は?? – やっぱり今...

第3話あらすじ 仕事のトラブルで故郷・香住に戻ることになった、みき(志尊淳)。トラブルは解消するも、その相手の家族関係に、かつての自分を重ね合わせ、ブルーになる、みき。一方、...