多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第5回視聴率は6.4% 綺麗な文字は女性を美人に見せる?

第5話あらすじ

ツバキ文具店の周囲に、怪しい外国人青年(アレックス・JD)が。鳩子のことを尋ね回っているらしい。鳩子のことを心配する面々だが、そんな中、男爵がめったに見ないほどの美人を連れてくる。花蓮と名乗るその女性(芦名星)は客室乗務員。依頼は、義母への誕生日カードの代筆だった。鳩子は快く引き受けたものの、どうやら花蓮と義母の知里(阿知波悟美)はうまくいっていないらしい。欠点の見当たらない花蓮には、文字に関する意外な悩みがあるのだった。実母とは早く別れており、義母との絆を大切にしたいという花蓮。鳩子も、幼い頃自分を捨てて出ていってしまった母を思う。一方で、守景親子にも暗い影があることに気づき…。

直らない「汚文字」に悩む、美しい女性・花蓮さん。幼い頃に実母と別れ、義母を母と思ってなかよくなりたい、と一生懸命努力してきました。型押しの模様入りカードに、心優しい花蓮さんらしい、かわいい文字が並びます。

*手紙画像をクリックすると拡大します。

 – from official site

『ツバキ文具店』第5話平均視聴率:6.4%

Luna+的見どころ解説+感想

今回は嫁と姑の関係を修復するように願って書いた手紙でした。

女性としてはあんまりコメントしにくい微妙な話題です。
ただ、男爵がドラマの中で言っていましたね。
「姑も昔は嫁だった。だから嫁を理解できる」だっけ?
確かこんな感じの台詞。
そう、そう、そうだと思うんです!

実は私も嫁であり姑にもなるだろう人間です。
義理母との関係を嫁としては一生懸命頑張りますよ。良い関係に絶対なりたいもの。
ここで話すと愚痴っぽくなるかも知れませんが、実際はやっぱり難しいと思うことも沢山ありましたね。
だからこそ、今から息子の嫁には絶対優しくしようって思うんです。
いや、私自身がとてもダメダメな人間だから、嫁もダメダメ人間で良いんだとも思っているくらい。
まぁ、「割れ鍋に綴じ蓋」という言葉もありますから、ちょうど息子に釣り合うお嫁さんが来るんでしょう。
そしてそんな息子を育てた自信も同じような古鍋なんだから。
大きな期待をするのが間違っているんです!

と、まだその立場になっていないから気楽に言えるのだとも思っていますので、
本編と関係ない自身の話はこれくらいにして…

「親にしっかり育てられていないから字が汚い」と思われ傷ついてしまったべっぴんさんの花蓮さん。
その言葉が母となってもらえる唯一の存在の姑に言われたから悲しいのね。
確かに阿知波悟美さんは怖いわ。だっていつもこういう恐い役ばっかりしていらっしゃったんですもの、見るからに恐い恐い。

そんな中で鳩子が悩んで書いたのが上の画像のお手紙です。
書き慣れた美しい文字ではなく、努力の見える暖かい文字。
鳩子なりに花蓮さんの思いを汲んで仕上げています。

厳しかった先代と呼ぶ祖母とのことを思い出して、背筋を伸ばし深呼吸をしながら身体で文字を書いていきました。

前回がたっぷり泣けたストーリーだったので、今回も!との期待もありましたが、
嫁と姑と両方の女同士が本心さらけ出して許し合えるって構図はちょっと難しいような気がします。
もちろん良いお話ですよ。
でも、こんなに綺麗な終わり方じゃ無くても良かったのかな。

人が人を嫌うのって好きになるより消費するエネルギーが強い気がします。
そんなことにエネルギーを使わないでみんなで仲良くやろうぜ!って単純なことなんだけど、それが結構難しいのね。

白川さんのお母さんの認知症問題。
NHKさんはこの認知症の特集を沢山放送していますよね。
だったらもうちょっと現実的な対策を白川さんにとらせてあげましょう!
こういう問題は家族だけでは手に負えないこともあります。
誰かの手を借りることはけっしてお母さんを蔑ろにすることでは無いんですから。
まぁ、原作の沿っての白川さんなのかも知れませんが、
見ていて苦しいんですもの。はい、そのあたり宜しくお願いします!

【ツバキ文具店】 各話あらすじ 視聴率

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第8回-最終回-視聴率もうどうでもいい! 大...

第8話-最終回-あらすじ 亡くなった祖母・カシ子の残された手紙によって、自分への深い愛情を知った鳩子。ショックのあまり手紙を書けなくなってしまう。 一方、守景さんは、はーた...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第7回視聴率は5.7% 最終話に向けて後始末...

第7話あらすじ 鳩子は守景の妻の死の詳細を聞いて、言葉を失う。 一方、絶縁状を書いてほしいという匿名の女性(平山さとみ)からの依頼が。人を幸せにできない手紙なのでは、と、悩...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第6回視聴率は6.2% 今回も泣きます!鳩子...

第6話あらすじ ツバキ文具店に現れたのは白川。認知症の母・千代(草村礼子)の介護で悩んでいた白川は、ついに施設に預けることを決意した。が、亡き父からの手紙が来るから家に戻ると...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第5回視聴率は6.4% 綺麗な文字は女性を美...

第5話あらすじ ツバキ文具店の周囲に、怪しい外国人青年(アレックス・JD)が。鳩子のことを尋ね回っているらしい。鳩子のことを心配する面々だが、そんな中、男爵がめったに見ないほ...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第4回視聴率は5.2% 泣けた!それもたっぷ...

第4話あらすじ 鳩子に持ち込まれたのは、かなり前に別れた恋人への手紙の代書の依頼。園田薫(川口覚)は、その女性・桜(桜川博子)に、ただ自分が元気であることを伝えたいのだ、とい...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第3回視聴率は5.6% 苦手という思い込みは...

第3話「けじめの断り状」あらすじ 鎌倉にツバキ文具店を訪ねてきた鳩子の元カレ・武田(松澤傑)。武田は出版社に勤める編集者なのだが、ある有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第2回視聴率は4.6%2017本屋大賞ノミネ...

第2話「幸せの修了証書」あらすじ 新米の代書屋となった鳩子のもとに持ち込まれたのは離婚をお知らせする手紙。妻に好きな人ができたのが原因だという。依頼人の三津田(高橋和也)は妻...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-の初回視聴率は5.7%

第一話あらすじ「奇妙なお悔やみ状」 ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語 雨宮鳩子は8年ぶりに故郷の鎌倉に戻ってきた。「ツバキ文具店」を営んでいた祖母のカシ子が亡くなったのだ。...

2017年本屋大賞受賞の-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-あらすじ・ネタバレ・視聴率

古都鎌倉が舞台。手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語 放送時間:金曜22時~ 放送局:NHK総合 放送開始日:4月14日 放送回数:...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here