天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第4回視聴率は12.4% 好調!

index

第4話あらすじ

高校の教室で不穏な事件が起こった。担任の沢本愛(矢田亜希子)が授業をしている最中に、生徒の春日俊介(平岡拓真)が倒れ、意識不明の重体になったのだ。その後、俊介は青酸ソーダを服用したことが判明する。だが、入手経路はおろか、ほかの生徒の目がある中でどうやって服用したのかは不明…。しかも、俊介は真面目な生徒で、自殺だと仮定しても理由が見当たらなかった。

真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)はさっそく、この事件の捜査に参加。有希子は俊介のクラスメート、29人全員を取り調べることにする。ところが、ここで厄介なことが起こる。沢本愛が生徒を守るためだと言い張り、取り調べに同席。何かにつけて横槍を入れてきたのだ。

沢本愛が何かを隠していると直感した有希子は、手がかりを求めて俊介の家を訪問。母親の春日愛(森尾由美)の“ある言動”に違和感を覚える。だが、依然としてすべては闇の中…。焦った有希子は沢本愛を徹底マークすることにする。ところが、その行き過ぎた行動をキントリの取調官・中田善次郎(大杉漣)にとがめられてしまい…!?

そんな中、俊介の意識が戻った! さらに、有希子らがまったく予期していなかった事態が起こり…。

from official site

『緊急取調室』第4話平均視聴率:12.4%

Luna+的見どころ解説+感想

初頭から中盤までなんか今までと同じ脚本家のドラマ??
と、思うくらいなんか詰まらない感じでしたね。

まず、事件が起こった教室から担任教師が全ての生徒を別の場所に移動させてことがひっかかって、多分この2人だけになった間が犯行の瞬間だと見抜けちゃったこともあって、
犯人と特定できた矢田亜希子さん演じる沢本愛先生の見え見えの行動が何か腑に落ちませんでした。

それと、ファンの方ご免なさい。
森尾由美さん演じる被害者の母でもう一人の「愛」という名の母親。
これダメダメ。森尾由美さんヘタッピ!
要するにこの人、モンスターペアレンツですが結構重要な役なのでもう少し演技の出来る方を配役したほうが良かったんじゃ無いかしら。
「愛」という名に大きな意味があるのですもの。

沢田亜矢子さん、いい人で優しそうな優等生の後ろに別の顔がありましたね。
まぁ、私はこの人だと最初から断定してみていましたから、犯人の特定には驚きはありません。
でんでんさん演じるベテラン刑事の菱本取調官に「愛ちゃん先生」なんて呼ばせたところもなんとなくげんなり。
これが、今回なんだか詰まらないという印象で進んで行った理由であります。

天海祐希さん演じる真壁有希子と大杉漣さん演じる中田が取り調べの方法で対立する場面がありました。
行きすぎる取り調べをする有希子に仏の善さんこと中田が驚くほど強く抗議して有希子がむくれっ面をするシーンでしたが、これは付箋。
その後、沢本愛先生の生い立ちが解ってきたあたりからドラマはグッと面白みを増していきました!
まぁ、がっかりするようなヘタッピさんがこの後は登場してこなかったのも良かったんでしょう。

意見の対立していた仏の善さんと有希子が任意で事情聴取に応じた愛先生に応じるシーンから見物です!
仏だった善さんが鬼に代わり愛先生を威嚇して取調室を出て行きます。
この後の沢田亜矢子さんと天海祐希さんの二人。
凄かったなぁ!
もちろん脚本の功績によるものかもしれませんが、沢田さん鼻を赤くして泣いていらっしゃいましたよね。

有希子が想像だと言って語っていく真相は、この1時間前の同じテレ朝のドラマ「警視庁捜査一課長」のように視聴者に知らされてない都合良い証拠というようなものは一切ありません。
我々がドラマの中で見てきたものだけで有希子の推理を展開してくれました。
結果、「あなたの気持ちはよく分かります」というフレーズに真犯人の愛先生が完落ちします。

その後語られる犯人だけしか知らない話。
これは、もう脚本家の井上由美子さんの創作の賜ですね。

昔、殺人者となった母親から子供の頃から託された青酸ソーダ。
これは耐え抜くことが出来なくなった時に死ぬためのもの。
「いつでも死ねると思うとどんな辛さでも耐えられた」
そう思える心の支えのアイテムだったんですね。

最後に愛先生は有希子の名前を聞きます。
希望があると書いて有希子だと。
「私は自分の名前が大嫌い…」
愛先生の人生の苦しみが滲んだこの台詞は、自分を犯罪に駆り立てたもう一人の「愛」という名前の母親と相まって悲しく響きました。

裕福で幸福な家庭を築いているように見える「愛」ママは人を脅迫して愛を得ようとする浅ましい息子を育ててしまったわけす。
前半の詰まらなさから一転してこういう満腹感の結末を披露してくれるあたり、やっぱり良いドラマだと感じましたね。

対立していた善さんと有希子でしたが、実は完落ちさせるために計画的取り調べ企ててたんですね。
「良い刑事と悪い刑事」という構造は他のドラマでもちょくちょく言われる落としのテクニックですが、実際対立してたシーンに付箋を貼ってるあたりは芸が細かいですよね。

やっぱり格段面白いドラマで間違いなし!

【緊急取調室シーズン2】 各話あらすじ 視聴率

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第6回視聴率は14.3% 今回は面白くなか...

第6話あらすじ 銀行員の大谷雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死した。多数の住人が「やめて!」という悲鳴を聞いていたが、部屋には他殺の物証がなく、自殺と断定される。とこ...

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第5回視聴率は13.2% ストーリーは良い...

第5話あらすじ  通勤時間帯のオフィス街に、大量の血を浴びた男が現れた。捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)が職務質問すると、男はあろ...

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第4回視聴率は12.4% 好調!

第4話あらすじ 高校の教室で不穏な事件が起こった。担任の沢本愛(矢田亜希子)が授業をしている最中に、生徒の春日俊介(平岡拓真)が倒れ、意識不明の重体になったのだ。その後、俊介...

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第3回視聴率は12.4% 同じテレ朝ドラマ...

第3話あらすじ   建築会社の社長・小泉正隆(入江雅人)の自宅プールで、男の遺体が見つかった。捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)はさっそく話を聞...

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-第2回視聴率は14.2% 役者がよければド...

第2回あらすじ 深夜の大学病院で、人工呼吸器につながれた入院患者・高木直明(高桑満)の容態が急変。当直医の糸山恵太(福士誠治)が処置に当たる。ところが、家族を呼びに行った看護...

天海祐希主演-緊急取調室(キントリ)シーズン2-初回視聴率は17.9% 今期今まで最高視聴...

第1回あらすじ 宅配便の配達車の中から、28歳の配達員・小牧修介(石田卓也)の遺体が見つかった。死因は薬物による中毒死。だが、遺体には奇妙な点があった。どういうわけか小牧は運...

天海祐希主演−緊急取調室(キントリ)シーズン2−あらすじ・ネタバレ・視聴率

第1シーズンからおなじみの豪華メンバーが再集結! 放送時間:木曜21時00分~ 放送開始日:4月20日 放送局:テレビ朝日系 脚本:井上由美子 「白い巨塔」「1...