多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第4回視聴率は5.2% 泣けた!それもたっぷり!

第4話あらすじ

鳩子に持ち込まれたのは、かなり前に別れた恋人への手紙の代書の依頼。園田薫(川口覚)は、その女性・桜(桜川博子)に、ただ自分が元気であることを伝えたいのだ、という。園田にはすでに妻子がおり、桜も結婚している。手紙を書けば、不倫の誘いの片棒を担ぐことになる、とパンティーに忠告される鳩子。しかし鳩子にはそうは思えず、ひたすら桜の幸せを願う園田の思いを、手紙にしようとする。一方で、鳩子は守景親子と次第に親しくなっていく。また白川の母の介護など、周囲の人々みんなが何かを抱えて生きていることに思いをはせるように。そして園田の手紙には、思いがけない結末が待っていた…。

【第四話に登場した手紙】かつて愛した女性の幸せを願う手紙

かけがえのない人への最後の想いを、鳩子に託した園田さん。透きとおった心を思わせる繊細なガラスペンと、二人で過ごした時間にふさわしいセピア色のインクを選びました。
宛名は家族が目にすることを考えて、女性を思わせる優しい文字で。


 – from official site

『ツバキ文具店』第4話平均視聴率:5.1%

 Luna+的見どころ解説+感想

さて、今回、泣きましたよ、ポッポちゃんと一緒にね。

どうして今さらこんな手紙を送ろうと思ったのか?
思い出ってある時期に急に整理したくなるときがあるみたいです。
今回は自分の人生に満足しているように見えた男性からの昔の思い出の恋人に出す手紙でしたね。
その相談者が鳩子が来店の時に出したお茶うけの和菓子を娘のために包んで持って帰るシーンに、彼が今、本当に愛する家庭を築いていることを解からせてくれました。

「W不倫を誘う手紙の片棒を担ぐのではないか?」と意地悪に言うパンティーこと帆子さんに威されます。
帆子さんは鳩子とは全く違ったタイプの女性ね。
パン作りを一緒にしながらそのパン生地を交換材料として男爵との仲を取りもてだなんてちょっと友達にいたら面倒くさいタイプ。
まぁ、今回は男爵のほうには全く脈無しだったからいいけどね。
やっぱりこういう女子の言葉は全く当てになりませんでした。
先代と呼ぶ鳩子のお婆さんみたいな人に厳しく仕込まれた鳩子は自身が見たり感じたもので判断するから大丈夫でしょうけど。

依頼者の園田さんと共に思い出の桜並木や神社の境内の大木を巡り、彼の心に残る桜という人物に思いをはせて鳩子はペンを取りました。

今回はガラスペン。
昔の風鈴職人さんが考えだして作られたものだとか。
大変今回もお勉強になりました!
紙はガラスペンの走りが良いようななめらかな上質紙でベルギー産。
封筒は相手のご家庭を配慮して旦那さんが見ても記憶にとまらないように無難なものにして女性文字で書きます。
その手紙がこの上に載せたものです。クリックすると拡大しますので是非ご覧になってください。
素敵な文章ですよ。重くならないように優しい配慮も素敵です!
このドラマの原作の良さが本当にこういうアイテムでたっぷり滲んできて本当に素敵!

現金書留で送られてきた報酬が多かったために園田さんの家に電話をかけた鳩子は、
彼が脳の手術をして、結果亡くなったことを知ります。

「僕は元気です」

そう手紙に書いてしまった鳩子は宛先の桜の元に会いに行こうと思いたちます。
実際、幸せそうな桜の姿も垣間見ます。
「代書屋は影武者、その人に人生にけっして交わることがない」だっけ?
そんなことを話していた先代のことを思い出して桜には何も言わずに立ち去りました。
そう、元気でいるよ、幸せだよ、そう桜の心に残っていたいってきっと園田も思っているはず!

園田と一緒に行った神社の境内の大木の下で 鳩子は泣きます。
多部未華子ちゃんが泣きます。
結構たっぷり泣きました。
で、私も一緒に結構たっぷり泣きました!

このたっぷりな時間がいろいろな人の思いがあふれるようでなんかとっても良かったんです。

まぁ、いつも言ってしまうけど、やっぱりバーバラ婦人だけはなんか学芸会…
だけど今回は「キラキラ」のおまじないを教えてくれましたので良しですけれどね。

目を閉じて心の中で「キラキラ」と唱えると不思議と暗い心が明るくなるよっておまじない。
なんか本当に効果ありそうで、今度そういうときがあったらやってみようと思います。

視聴率よくありませんね。
でもね、本当に良い原作だと思います。
あと残り4話しかないのが惜しいくらいです!

【ツバキ文具店】 各話あらすじ 視聴率

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第8回-最終回-視聴率もうどうでもいい! 大...

第8話-最終回-あらすじ 亡くなった祖母・カシ子の残された手紙によって、自分への深い愛情を知った鳩子。ショックのあまり手紙を書けなくなってしまう。 一方、守景さんは、はーた...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第7回視聴率は5.7% 最終話に向けて後始末...

第7話あらすじ 鳩子は守景の妻の死の詳細を聞いて、言葉を失う。 一方、絶縁状を書いてほしいという匿名の女性(平山さとみ)からの依頼が。人を幸せにできない手紙なのでは、と、悩...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第6回視聴率は6.2% 今回も泣きます!鳩子...

第6話あらすじ ツバキ文具店に現れたのは白川。認知症の母・千代(草村礼子)の介護で悩んでいた白川は、ついに施設に預けることを決意した。が、亡き父からの手紙が来るから家に戻ると...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第5回視聴率は6.4% 綺麗な文字は女性を美...

第5話あらすじ ツバキ文具店の周囲に、怪しい外国人青年(アレックス・JD)が。鳩子のことを尋ね回っているらしい。鳩子のことを心配する面々だが、そんな中、男爵がめったに見ないほ...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第4回視聴率は5.2% 泣けた!それもたっぷ...

第4話あらすじ 鳩子に持ち込まれたのは、かなり前に別れた恋人への手紙の代書の依頼。園田薫(川口覚)は、その女性・桜(桜川博子)に、ただ自分が元気であることを伝えたいのだ、とい...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第3回視聴率は5.6% 苦手という思い込みは...

第3話「けじめの断り状」あらすじ 鎌倉にツバキ文具店を訪ねてきた鳩子の元カレ・武田(松澤傑)。武田は出版社に勤める編集者なのだが、ある有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-第2回視聴率は4.6%2017本屋大賞ノミネ...

第2話「幸せの修了証書」あらすじ 新米の代書屋となった鳩子のもとに持ち込まれたのは離婚をお知らせする手紙。妻に好きな人ができたのが原因だという。依頼人の三津田(高橋和也)は妻...

多部未華子主演-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-の初回視聴率は5.7%

第一話あらすじ「奇妙なお悔やみ状」 ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語 雨宮鳩子は8年ぶりに故郷の鎌倉に戻ってきた。「ツバキ文具店」を営んでいた祖母のカシ子が亡くなったのだ。...

2017年本屋大賞受賞の-ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語-あらすじ・ネタバレ・視聴率

古都鎌倉が舞台。手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語 放送時間:金曜22時~ 放送局:NHK総合 放送開始日:4月14日 放送回数:...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here