小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第4回視聴率は8.4% 女性なら小栗旬さんにはそばにいて欲しいわ!

第4話あらすじ

ある日、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。
しかし、有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、一週間後に出国するということだけ。大学の研究室を訪れた特捜班に対して、横柄な態度で接する有馬。
同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった――。
翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。
すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまい、その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。

現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。
しかし、向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいて、稲見は石立と激しい攻防を繰り広げる。
事態を受けて、吉永(田中哲司)は鍛治(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰める。鍛治はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かすが、吉永は腑(ふ)に落ちない。暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックするが、稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信していて――。

from official site

『CRISIS』第4話平均視聴率:8.4%

Luna+的見どころ解説+感想

今回大きく数字を落としましたね。
まぁ、でもゴールデンウイークでみんな忙しかったから録画で見てますよ!たぶん…

毎週、大活躍でハッピーな大団円というわけじゃないんですね。
こういう苦しい終わりもある刑事ドラマだってことも覚悟しないといけません。
前回も今回もそんな煮え切らない思いが引きずられます。
もしかするとその辺りが勧善懲悪の単純な仕立てと異なるこのドラマの持ち味なのかも知れません。
その代わり彼らの周りに纏わり付く人間味が1つ1つの事件の切り口を際立たせるわけです。
良い感じです!

有馬丈博教授を演じる小市慢太郎さん。
某研究の第一人者であるが故の失望感を漂わせた演技はなかなか良かったのですが、残念なことに台詞が聞き取りづらかったです。
偉そうに語らせていただいていますが、こういう難しいストーリーだとかなり重要なことだもの。
さいごの語りも聞き取ろうと一生懸命耳をダンボにしてたけれど…やっと7割くらいかな。

「過去のことを忘れるためには、誰がそばにいるかが重要」だっけ?
正確には覚えていませんがこんなことを稲見と田丸が立ち番をしながら話していました。
実際、あんまり心に染み通るようなフレーズではないけれど、
「とりあえずそばにいてあげるから、泣いちゃいなよ」だっけ?
これは稲見を演じる小栗旬さんが言っちゃうと効力あるだろうなと納得のフレーズですね。

そして、あの時限の迫るときの野間口徹さんと小栗旬さんの二人の思い。
きっとあのまま教授と一緒に爆死をしていたところを引き留めさせたプロ意識を見ました。
その命令を言い渡すのが特捜班の上司の吉永ではなく、警備局長付きの青沼ってところも良いのかも。
感情を表さずに坦々とその場を退場する稲見でしたが…

最後、いつものBarで机にうつぶしていましたね。
忘れたいことがあった証拠なんですね。

こんな感じに付箋を貼っておいて説明無しでポツンとまた終わりました。
先週も言いましたがこの終わり方、結構好きですよ!

まだ悪い奴らを成敗し切れていませんからね、来週以降もご活躍期待しています!

【CRISIS】 各話あらすじ 視聴率

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第9、10-最終回視聴率...

第9話あらすじ 「あなたの力でこの国を変えてみませんか」と教会で謎の男に声をかけられた田丸(西島秀俊)。林(眞島秀和)の一件で国家への信頼が薄れかけていた田丸は、心を揺さぶら...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第8回視聴率は10.5%...

第8話あらすじ 公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第7回視聴率は8.7% ...

第7話あらすじ テロリスト集団・平成維新軍がテロを思わせる犯行予告を出し、鍛治(長塚京三)は警視総監の乾(嶋田久作)から特捜班をフル稼働させて阻止するように命じられる。しかし...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第6回視聴率は10.2%...

第6話あらすじ 11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画して...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第5回視聴率は10.3%...

第5話あらすじ 暴行罪を装って警察の留置場に潜入した稲見(小栗 旬)は、暴力団員の沢田(杉本哲太)に接近し、興味を引くことに成功する。実は、沢田が所属する仁愛工業は、政治献金...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第4回視聴率は8.4% ...

第4話あらすじ ある日、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。 しかし、有馬に...

小栗旬&西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第3回視聴率12.0% ...

第3回あらすじ 白昼堂々の議員襲撃事件発生!犯人は権力の悪用を断罪する謎のテロ集団“平成維新軍”。 稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)に向けられる敵の銃口……特捜班とテロリ...

小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の第2回視聴率 11.2% +感想付き!

【第2回】あらすじ 田丸(西島秀俊)に“国家の危機”を訴えたフリージャーナリストが謎の中毒死!?真相を追う田丸と稲見(小栗 旬)には殺し屋が襲いかかり、息つく暇もない激しい攻...

小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の初回視聴率 13.9%

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第1話・あらすじ 正体不明のテロリストが国家に牙をむく! ターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子! 公安機動捜査...

CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班-あらすじ・ネタバレ・視聴率

日本ドラマで初めてカンヌで公式上映が決定したというフジテレビの鳴り物入りドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」 放送時間   火曜よる9時~ 放送局 ...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here