林真理子の原作小説「西郷どん」のあらすじと結末とは!?キャスト鈴木亮平の合致点&辞退の堤真一との比較

「西郷どん」の原作者・林真理子女史

2018年のNHK大河ドラマが『西郷どん(せごどん)』に決まり、各方面から一斉に嫌悪の記事が発せられています。

原作の『西郷どん!』はまだ現在KADOKAWA「本の旅人」に連載中で最終回を迎えてないんです。
でも、実在の人物のお話なので結末まで都合良く変更しちゃうとは思えませんが、途中途中はかなり歪曲されたストーリー展開ですね。

もともと、2017年は、西郷隆盛没後140年にあたる年です。その西郷ブームを期待して「西郷もの」の歴史小説の始まったと言われています。
実際に林真理子氏のブログでも
「2017年は、西郷隆盛没後140年なので、ブームがきそうだから、本が売れるので書く」というご都合的な動機を話しておられます。
西郷隆盛の小説と言えば私なんかは「翔ぶが如く」なんです。
この本では大久保利通と過ごした幼い頃の薩摩の時代から一貫して薩摩弁の台詞まわしで薩摩の男らしさが滲んでました。
作家・司馬遼太郎さんのその辺の拘りは台詞だけでなく細かな人間の生き方が、その地、薩摩の文化とともに表現され幕末を駆け抜けた男のイメージを強く焼き付けてくれました。

今、そういう人たちが多分この林真理子女史の気まぐれな「西郷隆盛」像にすり替えられるのを嫌っているのだと思います。
売れそうだから、話題になりそうだからと2015年に奄美や鹿児島を訪れただけでそんなすらすらっと書いてしまって欲しくないんです。

実際に林真理子氏の西郷どん」から

西郷(幼名:小吉)の母親の言葉で
「あれ、こんなに肉がついてきたの。これで小吉さんは薩摩一の大男になれるね」

これには、薩摩藩で、母親がわが子に「さん」づけするか?と。
実際、今でも自分の子供を呼ぶときにちゃん付けして呼んだら鹿児島のお母さんにしかられたという話は聞きますよね。

また、

小吉(西郷)の言葉(弟の従道に言った)
「うちにはお金がなくて時々ひもじいこともあるが、立派な父上がいてやさしい母上がおられる。そしておばばさまも、金次郎も、彦吉も、お琴も、お安もいる。みんなが仲よう暮らしとる。お前ぐらい運がいい者はおらんぞ」

これは薩摩弁じゃないじゃん!
こういうのをご都合主義てきな小説って言いたいんです。
ほとんどの人はなんとなくこの方言が正しいのだろうって錯覚させられますよ?
今や方言はその地方色を打ち出す最高のアイテムでしょう?
朝ドラの「ひよっこ」だって本当に正しい奥茨城弁を使おうって方言指導者まで付ける時代ですよ。
何度も言いますが、売れるから、話題になるからってそれだけで読者を馬鹿にする事なかれ!

もともとアンチ林真理子女史の人種は多くいます。
彼女のエッセイって自慢・自慢・自慢のオンパレードだし、小説にしたって一般的なセンスからちょっと外れてる。
「ミカドの淑女(おんな)」の時も「ミカドの淑女」をそのまま「しゅくじょ」とすれば良いのにって思いませんでしたか?
皇室に対して啓蒙しているわけではありませんが、こういうニュアンスで小説を書く人が嫌いって思っている人はきっと多いはず!

中園ミホさんに期待

さて、林真理子氏の「西郷どん」には話題のボーイズラブも盛り込まれると話題ですね。
ボーイズラブって女子の世界に存在するメルヘンでしょう?

こんなあたりも安直に今の流行を取り入れるようでなんか嫌!

10人に一人はいらっしゃるというホモセクシャリティの方々はもう社会に完全に受け入れられています。
昔から織田信長だってアレクサンダー大王だってそう言われても偉大な人には変わりないんですから、女性目線の幕末ストーリーに「ボーイズラブ」盛り込ものはこれも「話題になるから」戦略なんですかね。

こんな林真理子氏の迷走を中園ミホ氏が上手く舵取りして欲しいですね。
中園さんと言えば「Doctor-X 外科医・大門未知子」。
女性目線で女性のハートをつかめる方。
女性目線でも女性を敵にしちゃう林氏とのタッグでどう男・西郷隆盛を料理なさるなかだけ少々期待いたしましょうか。

鈴木亮平さんと西郷隆盛

鈴木亮平さんはどんな役にもなりきるカメレオン俳優として評判の方ですね。
でも、上野の西郷隆盛像をイメージして欲しくないなぁ。
もちろん原作の西郷像から役作りされるのでしょうから想像は難しいですが、男気のある信念を持った人物には似つかわしい配役と思えます。

ただ、西郷隆盛って2度も自殺未遂してるんですね。
そういう繊細というのか複雑な心の機微とかもしっとりと演じることができるのでしょうか?
ま、事実以上に誇大な演出をしていそうな林真理子氏のストーリーですのでそんなことまで今から詮索しても仕方なさそう。

ただ、彼が晩年、西南戦争を起こして逆賊となり、自ら命を絶つという悲しい結末の人物です。
その彼を慕い後を追って自害した兵士は300人もいると言われています。
享年51歳(満49歳)の生涯です。

「西郷どん」の企画が上がって堤真一さんの名前が報じられたときもありました。
その他の方の名前もちらほら。
で、結局は鈴木亮平さんに決まりましたが、私は堤さんだったら凄く良かったなぁと思ってる一人なんです。

カメレオン的に本人に似せることはそんなに必要だと思っていないからかも知れません。
私の中の西郷隆盛像って先に語った司馬遼太郎さんの西郷さん。
少年のように未来を憧れながら、早くから大人になろうと全力疾走だったひと。
近くにいたら本当に魅力的に映った人に違いないです。
苦悩や友情、師弟愛。
これは堤真一さんだったら絶対泣けます!

そう、私泣きたいんです! 感動したいんです! 林真理子さんには期待しても仕方ないので、中園ミホさん、泣かせてください!

さて、今回アンチ林で熱く語ってしまいました。すみません。
でも、やっぱり売れそうだから話題になるからの理由が嫌なんですよね。
ま、また始まったらいろいろ語らせていただけるネタにはもってこいかも!

【NHKドラマ】 関連ニュース

志尊淳主演- NHKドラマ10「女子的生活」第3回視聴率は?? – やっぱり今...

第3話あらすじ 仕事のトラブルで故郷・香住に戻ることになった、みき(志尊淳)。トラブルは解消するも、その相手の家族関係に、かつての自分を重ね合わせ、ブルーになる、みき。一方、...

東山紀之主演ーBS時代劇「大岡越前4」第2回視聴率は?-みんな楽しそうに劇中で寸劇してまし...

第2回「貧乏長屋のお奉行様」 北町奉行の岡っ引き文蔵(仁科貴)は、浪人の娘お咲(秋月成美)を、わがものにするため、悪どい手口でお咲の父親をおとしいれ、無実の罪で捕らえる。...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」第2回視聴率は?? – 伴さま、ピンチ!スパイ大...

第2話「味噌にぎり食べてミソ」あらすじ 殿の衣裳に不備があり、伴四郎は藩から追われる身に。ふと目を覚ますと、勤皇派の急先ぽう、南海藩の屋敷にいた。中間・惨助になった殿から南海...

<平成>最後の30年度前期 NHK連続テレビ小説は脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品『...

「わろてんか」をここLuna+で扱わなかったのはちょっと後悔してるんです。はい。 実は始まりが面白くなかったのと、主人公役を務める葵わかなさんの笑顔があまりにもダイコンさんでて引...

いいねぇ高岡早紀さんの語りー『平成細雪』第2回の視聴率は??ー 雪子さんの話も良かった!

第2話あらすじ 妙子は、駆け落ちまでした腐れ縁の啓坊(福士誠治)から指輪を送られるが、心は離れていき、写真スタジオを切り盛りする板倉(柄本佑)と急接近していた。その頃、幸子夫...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』第2回の視聴率は?ー熱い男・吉之助元服!

第2話「立派なお侍」 西郷は、元服して吉之助(鈴木亮平)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平...

志尊淳主演- NHKドラマ10「女子的生活」第2回視聴率は?? - 後藤!おまえは何なんだ...

第2話あらすじ 奇妙な同居生活を続けている、みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)。ある日、後藤はみきに会わせたい人がいると言い出す。その人物はかつての同級生でミニーさん(中島広稀...

東山紀之主演ーBS時代劇「大岡越前4」初回視聴率は?-やっぱり時代劇はNHKで決まり!!

第1回「初夢、千両富」 BSプレミアム:2018年1月12日(金)よる8時から8時43分 再放送:BSプレミアム:2018年1月14日(日)午後6時45分 榊原伊織(勝村...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!2」初回視聴率は?? – お馴染みメンバ...

第1話「おでんシチュウにムチュウ」 高野藩士・酒田伴四郎(瀬戸康史) は、相変わらず江戸勤番生活。しかし最近は江戸料理のご意見番などと調子に乗っていた。正月に藩主・茂照(草刈...

高岡早紀が本日初回は主演かしらー『平成細雪』初回の視聴率は??ーちょっとも平成っぽくない「...

第1話あらすじ 第1話 平成4年春、大手企業マキオカグループの総帥・蒔岡(まきおか)吉次郎(長塚京三)による経営破たん記者会見が開かれた。 大阪船場を代表する名家・蒔岡家...

鈴木亮平主演ーNHK大河ドラマ『西郷どん』ー子供時代も魅力的!好発進!!

第1話あらすじ 「薩摩のやっせんぼ」 天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごし...

志尊淳主演- NHKドラマ10「女子的生活」初回視聴率は?? –

第1話あらすじ 見た目は美しい女性だが、実は男性で、女性が恋愛対象というトランスジェンダーのみき(志尊淳)はファストファッション会社で働くOL。同僚のかおり(玉井詩織)や仲村...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第8-最終話 地味だけど手をかけた渾身の...

第8回「魂のブシメシ!」 脱藩を企てた五郎右衛門(田中圭)。しかし、伴四郎(瀬戸康史)の目の前で捕縛され、牢(ろう)に入れられる。伴四郎は、五郎右衛門に面会を求めるがかなわな...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第7話 あと1回で終わっちゃう!五郎右衛...

第7回「渋柿レクイエム」 伴四郎(瀬戸康史)が惨助(草刈正雄)に妻・すず(三吉彩花)ののろけ話をしていると、平三(平田満)が飛び込んでくる。故郷にいるはずのすずが、五郎右衛門...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第6話 頼りなさそうで頼れる伴四郎!良い...

第6回「鯛のセレナーデ」 不景気のあおりを受け、仕出し「川原屋」のお菊(酒井若菜)は、掛け金の回収もままならず、高野藩との取り引きも打ち切られる。 その上、亡き夫の親戚から...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第5話 驚きのご落胤!高野藩にピンチが訪...

第5回「鶏と卵の親コンチェルト」 江戸の町を騒がせている茂照(草刈正雄)の隠し子騒動。 瓦版がでっち上げたでたらめかと思いきや、真実だった!しかし、子どもに対して「二度と会...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第4話 柳のようにしなやかに頑張れ!伴四...

第4回「鳥唐揚げのカピタンゴ」 近ごろ、真面目で勤勉な同僚・矢沢五郎右衛門(田中圭)の様子がおかしい。その原因は鶏鍋「きじや」の娘・お羽(草刈麻有)への恋心。店主が亡くなって...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第3話 伴四郎はやせの大食いとな?

第3回「蒟蒻エレジー」 伴四郎は茂照から立石藩への遣いを頼まれる。近々、藩対抗の相撲大会が行われるため、相手藩の力士を偵察に行って欲しいというのだった。偵察先で伴四郎は、非力...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第2話 草刈正雄さん!NHK時代劇にはこ...

第2回「筍と蛤のルンバ」 伴四郎(瀬戸康史)が無礼を働いた中間が、実は殿・茂照(草刈正雄)であったことが判明!茂照は許す代わりに、最近塞ぎがちで元気のない正室・千代(戸田恵子...

瀬戸康史主演-「幕末グルメ ブシメシ!」-再放送-第1話 たった30分ドラマに個性的キャラ...

第1話「茶粥でチャ・チャ・チャ」 参勤交代で江戸にやってきたマイペースで気の弱~い武士・酒田伴四郎(瀬戸康史)が、妻が忍ばせた“献立”で周囲の悲喜こもごもの悩みを解決する“ほ...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here