ドラマ視聴率から解る『無限の住人』主演キムタクはもう旬じゃない説!タトゥー写真は本物なのか?

実写化が不安視されていた『無限の住人』。
中には「キムタク主演の時点で見る気がおきない」「コンペに(カンヌ映画祭の)入ったわけでもないのに、キムタクだから騒いでるだけ」と、木村に対する苦言も見て取れるのが現状だとか。

第70回カンヌ国際映画祭のラインアップが13日に発表され、元SMAPの木村拓哉主演『無限の住人』(4月29日公開)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されました。
この作品はキムタクが演じる不死身の侍・万次(まんじ)が、少女の両親のあだ討ちをするという物語。
キムタクは「海外の方がどう受け取ってくださるのかが、とても興味深いですが『一つの作品』として招待していただけることに本当に感謝します」と大喜びしていました。

そもそも「アウト・オブ・コンペティション」部門とはどんなものなの?
カンヌ映画祭の関係者が解説には、

「賞レースとは無関係の、ただのにぎやかしです(笑い)。やはり映画祭は盛り上げなければなりませんので『コンペ』や『ある視点』のようにアート作品ばかりだと観客は疲れてしまう。そこでエンタメ性の高いものが選ばれる傾向にあるんですよ」

とのこと。
今回の選出は“三池パワー”によるところが大きいとも。

「映画祭の事務局には何千もの作品が送られてきます。もちろん、みなさん何らかの部門に選ばれて箔をつけたい。この作品もそうでしょうが、何にも引っかからなかった可能性もある。ただ、三池監督は海外での評価が高く、熱狂的ファンも多い。それにチャンバラ映画なので、だったら『アウト・オブ・コンペティション』でいいんじゃないか、というところで落ち着いたらしい。三池監督の顔を立てた格好ですね」

なんだ、そもそも 『無限の住人』の映画化自体を期待しない声が強い中、ハク付けのためとその「カンヌ映画祭」という聴衆にマジックフィルターをかけるようなものだったんですね。

キムタクは自分を俳優としてかなり優秀だと思っている節があります。
それはそうでしょう、TVドラマは主役しかやりませんから。
でも、昔のような高視聴率はとれなくなっていますよね。

2017年冬クールの「A LIFE〜愛しき人〜」の平均視聴率は14%前後。
このクールではそこそこの視聴率ですがそれでも過去と比べたら伸びませんでした。
沖田という役が「腕の良い外科医」という誰が演じても美味しいキャラですから、きっとキムタクでなくてもそこそこの数字が取れる企画であったという要因もあったと思います。

さて、ドラマでは常にヒーロー的役ばかりを演じてます。
今回の『無限の住人』でもヒーローにです。

ただ、キムタク自身はというと、やっぱりささやかれてくる噂はそんなヒーローのような事柄だけじゃやありません。
それは「SMAP×SMAP」の番組の中でも実際に感じた方は多かったのじゃないですか?
吾郎ちゃんイジメはその中でも酷かった気がします。吾郎ちゃんのファンの気持ちを気にしないんでしょうね。
こんなふうに仲間のメンバーに対する見下した発言や、リアクションから彼のメンバー間での立ち位置がバッチリ覗けました。
そしてSMAP解散の時にも彼の孤立化が浮き彫りになりました。

キムタクにはタトゥーがあります。
本人は必死で隠していますけれど、確認した人は結構居ます。
実際に「ぴったっんこかんかん」でちょろっと見えちゃった事件もありました。


入れ墨は今やファッションの時代。
でも、その昔、入れ墨は施術の間の痛みを和らげるためにヤクを使うというのが普通だったと言います。こんなところからか薬物疑惑もささやかれたりと人気者には噂が絶えません。

その1つのタトゥーは検証されることになりましたが、
それ以前に、何を演じてもアンニュイなキムタクにしか見えない凡庸な演技の殻を脱いで良い俳優さんになれたらいいですけれど。

それにしても『無限の住人』はキムタクでは見たくなかった映画です!残念だわ!

『無限の住人』は2017年4月29日公開予定です。

『MOVIE』関連のニュース

木村拓哉&二宮和也で「検察側の罪人」2018年公開ですと?「無限の住人」大コケで...

さて、主演作品の「無限の住人」が大コケという話題を提供中のキムタクさんにまた主演映画制作の発表が入ってきました。 ここLuna+では「無限の住人」公開以前に 『ドラマ視...

身長サバよみでも魅力的な佐藤健主演『亜人』のキャストと見どころ検証!

映画『亜人』基本情報 公開日:2017年9月30日  原作:桜井画門「亜人」(講談社『good!アフタヌーン』連載) 監督:本広克行 脚本:瀬古浩司 山浦雅大 音楽:...

映画『追憶』絶好調の小栗旬と岡田准一のコンビ。原作を読んで期待することとしないこと!

『追憶』原作のあらすじ 1977年 王選手がホームランの世界記録を樹立しようとしていた1977年。北海道のとある場所にある喫茶店「アンブレラ」には アツシ、ケイタ、サトシ...

ドラマ視聴率から解る『無限の住人』主演キムタクはもう旬じゃない説!タトゥー写真は本物なのか...

実写化が不安視されていた『無限の住人』。 中には「キムタク主演の時点で見る気がおきない」「コンペに(カンヌ映画祭の)入ったわけでもないのに、キムタクだから騒いでるだけ」と、木村に...

『フランケンシュタインの恋』と似てると話題の映画『シザーハンズ』はジョニーデップ出世作!

綾野剛主演の『フランケンシュタインの恋』いいですね! Luna+でもお勧めしたこの春一番のドラマです。この企画が発表された時にティム・バートンの昔の映画『シザーハンズ』を...

小栗旬&北川景子・映画『君の膵臓をたべたい』ネタバレと泣きのポイント!

2016年本屋大賞で第2位の同名小説の映画化です。 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) 監督:月川翔 『黒崎くんの言いなりになんてならない』など 脚本:吉田...

映画『ジャッキー -ファーストレディ 最後の使命』にみる素敵なファッション!ドラマ『女の勲...

ただ今公開中の映画『ジャッキー -ファーストレディ 最後の使命』J・F・ケネディ大統領のことはご存じの方も多いと思います。そしてこの映画は31歳でファーストレディー(大...

「あなたのことはそれほど」の不倫ネタで思い出した映画まとめ!

不倫映画といっても色々ありますね。 もう狂気の入り交じるサスペンスものや、女性の怨念を絡めた復讐劇になるものまで怖いものもたくさんあります。 「ゴーン ガール」や「危険な情事」...

韓流映画「B型の彼氏」おふざけもやり切れば清々しい!

再びちょっと古い映画ですがヨン様が爆発的なおばさま方の支持を得た頃にたくさん入ってきた韓流映画の1つ「B型の彼氏」についてレビューします。 「B型の彼氏」 監督: チェ・ソグォ...

Dear フランキー<映画・DVD>忘れられない大好きな映画をここに!

監督: ピーター・ジャクソン 出演:エミリー・モーティマー 、 ジェラルド・バトラー、 ジャック・マケルホーン、シャロン・スモール 原題: DEAR FRANKIE 制作: ...

レオン・完全版<映画・DVD>古いけれど忘れられられない映画

監督: リュック・ベッソン 出演: ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン、ダニー・アイエロ 原題: LEON 制作: 1994 フランス/アメリカ ...

64(ロクヨン)<映画&DVD>に見るミステリーの掟を考える

2週続けてWOWOWで前後編をやっていました。劇場公開前にJAL国際線の搭乗時に偶然にも「ロクヨン前編」を見てしまったので、いつものように「ミステリーは原作を読んでから映画...

シン・ゴジラ<映画・DVD>無料配信開始です!

皆さまのお待ちかね!興行収入が80億円を超えた大ヒット作品。映画「シンゴジラ」<キャスト> 長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 高良健吾 市川実日子 余貴美子 ...

12人の優しい日本人<映画・DVD>三谷幸喜作品は全部見たけどこれが一番好き!

12人の優しい日本人 監督: 中原俊 出演: 塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善、山下容莉枝、村松克己、林美智子、豊川悦司、加藤善博 脚...

ホテル・ルワンダ<映画・DVD>人間としてどう生きるかのお話に涙!

ホテル・ルワンダ 監督: テリー・ジョージ 出演: ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ 原題: HOTEL RWAN...

キングコング<映画・DVD>ゴジラと双璧の巨大キャラクター映画は何度もリメイクされてます!...

現在上映中の「キングコング -髑髏島の巨神-」ゴジラ同様にキングコングも何度もリメイクされています。 これから紹介するのは前回のリメイク版です。この当時は映画館で観ました...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here