小栗旬&北川景子・映画『君の膵臓をたべたい』ネタバレと泣きのポイント!

2016年本屋大賞で第2位の同名小説の映画化です。

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
監督:月川翔 『黒崎くんの言いなりになんてならない』など
脚本:吉田智子『ホットロード』『アオハライド』など
音楽:松谷卓
主題歌: Mr.Children 「himawari」

原作の小説『君の膵臓をたべたい』という強烈インパクトのタイトルに思わず本屋さんで手を取ってしまった方も多いのでは?
タイトルだけ見るとミステリーかホラーか??と想像しちゃいますが、
本の装丁は少女コミックのようで、これから想像できるストーリーだとホンワカとした青春ものラブストーリーじゃないかって想像しちゃいますよね。

まぁ、ラブストーリーかどうかは後でネタバレで話しますけれど…
実写版の映画がどうアレンジされるのかは解りませんが、この小説で泣けるポイントをおさらいして、公開のシアターでは周りの人たちと同調して自分もしっかり泣いてきたいと思います!
はい、涙を流すことはストレスの発散といいますからね、やっぱり定期的に泣ける映画を探しておくことが重要なんです。


実写版『君の膵臓をたべたい』キャスト

ここからもうネタバレも含まれます!ご注意くださいませね。

《昔》

「僕」(ぼく)(志賀春樹…内緒だったかな?):北村匠海
友人や恋人などの関わり合いを必要とせず、人間関係を自己完結する。山内桜良との交流により、人を認め、人と関わり合う努力を始める。ある日、図書室で桜良に「君の膵臓を食べたい」と言われる。
山内 桜良(やまうち さくら):浜辺美波
よく笑い、元気で、表情豊かな少女。膵臓の病気のため、「僕」と会った時には余命は1年になっていた。病気になった自分の運命を恨まないと決めたため日記のタイトルを「闘病日記」の代わりに「共病文庫」とつける。僕との交流により誰かと比較して自分をみつめてきた自分の人生に、初めて自分がたった1人の私であるという確信を得て、感動する。死の直前に「僕」から「君の膵臓を食べたい」というメールを受け取る。
恭子(きょうこ):大友花恋
桜良の親友。桜良と「僕」の交流を快く思わない。桜良の死後、「僕」の初めての友人となる。
ガムをくれるクラスメイト
すがすがしいほどの無粋な物言いをするが素直。人との交流を決意した「僕」の友人となる。
学級委員/タカヒロ:桜田通
桜良の元カレ。「僕」と桜良の仲を疑い、僕を殴る。桜良の表情の豊かさが明るい方向だけに広がっていると勘違いしていた「僕」が初めて、桜良が誰かを傷つけるための表情を見る切っ掛けとなる。


《現在》

現在の僕:小栗旬
恭子:北川景子

あらすじ

クラスメイトの山内桜良(やまうちさくら)の葬儀の日、彼女から借りて返すことができなかった本を読みながら僕は家にいた。
ふと携帯電話を見ると彼女に送った最後のメール。
「君の膵臓を食べたい」
このメッセージを彼女は読んだのだろうか?それは解らない…
桜良との出会いは4月の病院でのことだった。
ロビーのソファに1冊の本が置き忘れてあるのを僕が発見して手に取りカバーを外すと、
「共病文庫」という手書きの文字。
中身は誰かの日記。膵臓の病気で余命わずからしい。

「それ私のなんだ」
現れたのはクラスメイトの山内桜良だった。
彼女は自分が病気でもうすぐ死ぬあっけらかんと言い放った。
でも、それは二人だけの秘密になった。
他人と関わらず生きている僕は友達に話す心配もなかったけれど。

その後、桜良は僕と同じ図書委員になり何かと僕に接触してくるようになった。

「君の膵臓を食べたい」と言う桜良。
昔の人は悪いところがあると動物のその部分を食べることで良くなると信じていたから。
だからって僕の膵臓でなくてもいいのに。

無理やり付き合わされて焼き肉を食べに行ったり、
自殺用のロープを買ったり……
強引な桜良に付き合うながら指呼しずつ距離が近づいてきた時、
「死ぬまで仲良くしてね!」
桜良は僕にそう言った。

学校では昨日の
僕と桜良のデートが噂になっていた。
仲良しなのと認める桜良とは対照的に、僕は偶然会っただけと嘘をつく。
人気者の桜良のことで面倒なことに巻きこまれたくなかったから。

僕の嘘を怒る彼女へのお詫びに放課後付き合うことになり
スイーツの店に連れていかれた。
そこで桜良の親友の恭子さんにばったり会い、
桜良が僕を「仲のいい友達」と紹介すると恭子は露骨に嫌な顔を見せた。
突然、桜良に付きまとい始めた僕をかなり警戒しているようだ。
桜良は恭子にも自分の病気のことは話していない。
恭子は親友すぎて悲しませたくないから最後まで言わないつもりだという。

「共病文庫」は遺書がわり。
自分が死ぬまでは誰にも見せない。

桜良がテスト休みなので遠出しようと言いだし、押し切られるかたちで福岡まで旅行する。
本場の博多ラーメンを食べ、大宰府天満宮に参拝し、モツ鍋を食べ高級ホテルにチェックイン。
手違いで同じ部屋に泊ることに!

自由奔放な彼女が最後に言った。
「私が本当は死ぬのがめちゃくちゃ怖いって言ったらどうする?」
僕は何も答えられなかった。

桜良は親友の恭子と旅行に来ていることにしていた。
恭子がどういうことか?と
電話して尋ねた時にあっさり僕と旅行に来ていると答える桜良。
何か誤解されなければいいがと思う僕。
実際その夜僕たちは何もなかったのだから。

学校では僕と桜良が2人で旅行したことがクラス中に広まり、そして僕の上靴が捨てられていた……

桜良が僕に興味を持つのは何故なのだろう?
彼女はいったい何がやりたいのか?

僕に対する敵意。
それは恭子だけではなく、もう一人の人物を狂気にかりたたせる。

彼女から借りた本『星の王子さま』彼女が唯一読んで好きだと言った本。

その本を借りた翌日、彼女が入院したことを知った—–

ストーリーの感想

えっと… ここまで泣かせることを期待しながら待っていらっしゃった皆さん。
この小説だけで泣くのはちょっと無理みたいです。
あまりにメルヘンで桜良の気持ちには同調できかねるところが多すぎちゃって…

死という誰もに平等に訪れる事象。早いか遅いかだけで必ず訪れるもの。

そう自分自身に何度も言い聞かせて桜良は自分の残りの命の短さを納得させてきたんでしょう。
夢がたくさんある頃。夢を見ないことはどんなに辛いことかはよく分かります。

たぶん、そんな黙っていても適度には泣けるストーリーを部分部分でぶち壊してしまっているから残念。
小説ってコミックと違い読者がそれぞれに頭の中でイメージを広げて進んで行きますよね。
この小説はとにかく台詞が良くない!
擬音の表現も悪い!
そんなところがイメージを悉く打ち壊していきました!

だから、どうぞ脚本家の吉田智子さんにはもっとしっとりした多くを語らせずに想像を膨らませてくれる台本を期待したい。

泣けるポイントはたぶん現代の僕と恭子が与えてくれると思います。

そうそう、最初に引っ張ったラブストーリーかどうかって話ですが、
友情ストーリーといった方が良いかも。

現在の僕と恭子とで大人ストーリーに上手く仕立てて欲しいところです。

という感じで泣けるポイントの紹介もできなかったですが、どうぞご容赦くださいませ!

映画『君の膵臓をたべたい』は7月28日から公開です。

『MOVIE』関連のニュース

木村拓哉&二宮和也で「検察側の罪人」2018年公開ですと?「無限の住人」大コケで...

さて、主演作品の「無限の住人」が大コケという話題を提供中のキムタクさんにまた主演映画制作の発表が入ってきました。 ここLuna+では「無限の住人」公開以前に 『ドラマ視...

身長サバよみでも魅力的な佐藤健主演『亜人』のキャストと見どころ検証!

映画『亜人』基本情報 公開日:2017年9月30日  原作:桜井画門「亜人」(講談社『good!アフタヌーン』連載) 監督:本広克行 脚本:瀬古浩司 山浦雅大 音楽:...

映画『追憶』絶好調の小栗旬と岡田准一のコンビ。原作を読んで期待することとしないこと!

『追憶』原作のあらすじ 1977年 王選手がホームランの世界記録を樹立しようとしていた1977年。北海道のとある場所にある喫茶店「アンブレラ」には アツシ、ケイタ、サトシ...

ドラマ視聴率から解る『無限の住人』主演キムタクはもう旬じゃない説!タトゥー写真は本物なのか...

実写化が不安視されていた『無限の住人』。 中には「キムタク主演の時点で見る気がおきない」「コンペに(カンヌ映画祭の)入ったわけでもないのに、キムタクだから騒いでるだけ」と、木村に...

『フランケンシュタインの恋』と似てると話題の映画『シザーハンズ』はジョニーデップ出世作!

綾野剛主演の『フランケンシュタインの恋』いいですね! Luna+でもお勧めしたこの春一番のドラマです。この企画が発表された時にティム・バートンの昔の映画『シザーハンズ』を...

小栗旬&北川景子・映画『君の膵臓をたべたい』ネタバレと泣きのポイント!

2016年本屋大賞で第2位の同名小説の映画化です。 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) 監督:月川翔 『黒崎くんの言いなりになんてならない』など 脚本:吉田...

映画『ジャッキー -ファーストレディ 最後の使命』にみる素敵なファッション!ドラマ『女の勲...

ただ今公開中の映画『ジャッキー -ファーストレディ 最後の使命』J・F・ケネディ大統領のことはご存じの方も多いと思います。そしてこの映画は31歳でファーストレディー(大...

「あなたのことはそれほど」の不倫ネタで思い出した映画まとめ!

不倫映画といっても色々ありますね。 もう狂気の入り交じるサスペンスものや、女性の怨念を絡めた復讐劇になるものまで怖いものもたくさんあります。 「ゴーン ガール」や「危険な情事」...

韓流映画「B型の彼氏」おふざけもやり切れば清々しい!

再びちょっと古い映画ですがヨン様が爆発的なおばさま方の支持を得た頃にたくさん入ってきた韓流映画の1つ「B型の彼氏」についてレビューします。 「B型の彼氏」 監督: チェ・ソグォ...

Dear フランキー<映画・DVD>忘れられない大好きな映画をここに!

監督: ピーター・ジャクソン 出演:エミリー・モーティマー 、 ジェラルド・バトラー、 ジャック・マケルホーン、シャロン・スモール 原題: DEAR FRANKIE 制作: ...

レオン・完全版<映画・DVD>古いけれど忘れられられない映画

監督: リュック・ベッソン 出演: ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン、ダニー・アイエロ 原題: LEON 制作: 1994 フランス/アメリカ ...

64(ロクヨン)<映画&DVD>に見るミステリーの掟を考える

2週続けてWOWOWで前後編をやっていました。劇場公開前にJAL国際線の搭乗時に偶然にも「ロクヨン前編」を見てしまったので、いつものように「ミステリーは原作を読んでから映画...

シン・ゴジラ<映画・DVD>無料配信開始です!

皆さまのお待ちかね!興行収入が80億円を超えた大ヒット作品。映画「シンゴジラ」<キャスト> 長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 高良健吾 市川実日子 余貴美子 ...

12人の優しい日本人<映画・DVD>三谷幸喜作品は全部見たけどこれが一番好き!

12人の優しい日本人 監督: 中原俊 出演: 塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善、山下容莉枝、村松克己、林美智子、豊川悦司、加藤善博 脚...

ホテル・ルワンダ<映画・DVD>人間としてどう生きるかのお話に涙!

ホテル・ルワンダ 監督: テリー・ジョージ 出演: ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ 原題: HOTEL RWAN...

キングコング<映画・DVD>ゴジラと双璧の巨大キャラクター映画は何度もリメイクされてます!...

現在上映中の「キングコング -髑髏島の巨神-」ゴジラ同様にキングコングも何度もリメイクされています。 これから紹介するのは前回のリメイク版です。この当時は映画館で観ました...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here