渡瀬恒彦さんの忘れ形見-警視庁捜査一課9係 season12-あらすじ・ネタバレ・視聴率

法医学の権威として竹中直人がシリーズ初参戦!

井ノ原快彦演じる直樹にとっては、かつての恋敵!?
園田俊介役として中村俊介が久々の登場!
事件が、人間ドラマが、更なる進化を遂げ、
本格群像刑事ドラマ「9係」は12年目も飛躍する!

【警視庁捜査一課9係season12】のキャスト

加納倫太郎(渡瀬恒彦)
警視庁捜査一課9係係長。階級警部。
部下達からは「昼行灯」とか「神出鬼没の狸オヤジ」と呼ばれている。
捜査の指揮を執る係長の身でありながら、どこかをほっつき歩くため『捜査をしない指揮官』と周囲から見られている変わり者だ。
何を考えているのか分からない言動が多いが、それにはすべて『彼なりの理由』があることに後になってから周囲の人々や視聴者にはわかる。
上司の娘と結婚し、一子を儲けるが、捜査に没頭するあまり離婚。
その後元妻は他界し、娘・石川倫子(みちこ)からは長らく敵視されていたが、最近やっと和解した。とはいえ相変わらず距離を置かれている。
最近は、警視総監から内閣テロ対策室改造のためのアドバイザー役を命じられ、その仕事に追われている。

浅輪直樹(井ノ原快彦)
警視庁捜査一課9係刑事。階級巡査部長。
倫太郎とコンビを組んできた事により、観察力、洞察力が身についてきた。
正義感が人一倍強く、曲がった事が大嫌い。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。
倫太郎の娘・石川倫子とつきあっており、パティシエールの倫子が、パリの世界菓子コンクールから帰国後は倫子と同居。しかし、互いの結婚観の違いから軋轢が生じ…!?
小宮山志保(羽田美智子)
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
9係の紅一点。だが、そういう扱いを最も嫌う女性。
男性社会で男に負けじと肩肘張って生きてたところがある。
立ち止まると自分の人生を振り返り、『私は何をしているのだろう?』と後悔をしてしまうので、ひたすら走り続ける。
いくつもの恋に破れ、結婚に関しては現在あきらめの境地に。どうやら仕事に生きる女として覚悟を決めたようでもある。主任として9係の“猛獣たち”をまとめざるを得ないため、最近では風格が漂ってきた。
村瀬健吾(津田寛治)
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰の男。
実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。
出世の事しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。
出世の足がかりにと警察官僚の娘・安西つかさと婚約したが、彼女のほうが仕事に目覚めてしまい婚約解消。それ以降、性格が歪んできたと言われている。
警視庁捜査一課14係係長の経験はあるが、部下の刑事の不祥事により辞職を決意。しかし、倫太郎に9係に必要だと説得され、9係に再び配属された過去を持つ。主任になったことで志保を見る目が変わり、最近熱い視線を送っている。

青柳靖(吹越満)
警視庁捜査一課9係刑事。階級警部補。
かつて9係の主任を務めていた。
反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。
完璧主義者と自分のことを思っているが、コンプレックスを常に抱えた生き方はかなり不器用。『俺はこんな位置でくすぶっている器ではない』と思い込んでいる。
同居している恋人の垣内妙子は、かつてヤクザに覚醒剤漬けにされていたところを青柳が救出した。それゆえ麻薬関係の事件には過剰に反応する。妙子との関係をよく思わない警察組織のなかで、刑事という職業を巡り葛藤することも。
矢沢英明(田口浩正)
警視庁捜査一課9係刑事。階級巡査部長。
持ち前の大らかな心で、コンビを組む変人青柳を受け止めて、聞き役やサンドバッグに徹することも出来れば、時には厳しく叱ることもできる。
妻の矢沢早苗は売れっ子の漫画家。休暇は妻のアシスタントを務め、捜査の似顔絵などでもプロ級の腕前を発揮するなど多才。
早瀬川真澄(原沙知絵)
東京都監察医務院に勤務する監察医。
事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。
遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。度が過ぎて生身の人間より遺体とのコミュニケーションを大切にする変わり者。
女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは仲が良い。
石川倫子(中越典子)
パティシエール。加納倫太郎の実の娘。
直樹と出会い、好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故、警察官が大嫌い。母の旧姓を名乗っているのもそれが理由。父と和解したとはいえ、距離を置いている。直樹とは互いの仕事を尊重するあまり、なかなか結婚まで行き着かない。パリの世界菓子職人コンクールで優勝を目指すものの2位に。失意の帰国後は直樹と同居し、菓子作りの役に立つと信じて主婦業に励む。しかし、菓子作りへの新たな思いがわいてきたようで…。
園田俊介(中村俊介)
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。
倫子と“同居”していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は“誤解”と一笑。直樹とは親友だと思い込んでいる。
絵を描き始めると寝食を忘れて打ち込み、栄養失調になることもしばしば。
3年前にニューヨークで知り合った静香を頼り帰国。静香と同居することに。
黛優之介(竹中直人)
真澄の大学時代の恩師で、現在は世界的に有名な法医学者。
海外で活動していたが最近になって日本に帰国した。
若いころは関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしいが…?
「監察医たるもの、真っ先に現場に駆けつけてご遺体と対面しろ」が教え。
沈着冷静な検視で9係の事件解決に貢献する。
早乙女静香(野際陽子)
倫太郎の亡き前妻の従姉。
長く海外での生活を続けていたが、最近になって帰国。
倫子同様、倫太郎を良く思っていなかった。また、なかなか進展しない直樹と倫子の関係を気にかけている。
現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味としている。


from official site –

Luna+的見どころ解説

渡瀬恒彦さん、ご冥福をお祈りします。

12シーズンも人気を継続してきたこのシリーズですが、やっぱり大黒柱が居なくなると悲しいです。

でも脇の人たちが「警視庁捜査一課長」よりずっと演技がお上手なので学芸会っぽさは少ない感じでしょうか。
でも、やっぱりテレ朝特有のゆるーい感じもあるんでしょうね。

その辺りは1話ごとの記事にも書いていこうと思いますので

1話ずつ追っていきたいと思います!

【警視庁捜査一課9係】 各話あらすじ 視聴率

イノッチは渡瀬さんの穴を埋められない!『警視庁捜査一課9係 season12』第6回視聴率...

第6話あらすじ とある公園の池からペットショップ経営者・真奈美(山本南伊)の遺体が発見された。真澄(原沙知絵)の検視により死因は絞殺と断定。防犯カメラの映像から自宅で殺害され...

イノッチが渡瀬さんの穴を埋める?『警視庁捜査一課9係 season12』第5回視聴率9.4...

第5話あらすじ   ファッション通販サイト会社社長・影山(石田佳央)が裁ちバサミで胸部を刺され殺害された。真澄(原沙知絵)によると、裁ちバサミは左利き用であるとい...

さすが12シーズン目のチームワーク!『警視庁捜査一課9係 season12』第4回視聴率7...

第4話あらすじ  監察医の真澄(原沙知絵)が遺体から発生した有毒ガスによって、意識不明となってしまった。遺体はIT企業の経理課長・柳沢(永井裕久)、発生したガスはコルセリンと...

渡瀬恒彦さんを失った覚悟!『警視庁捜査一課9係 season12』第3回視聴率13.9%

第3話あらすじ 音楽出版社社長・良美(藤真利子)の他殺体が自宅から発見された。良美は目が不自由な女性ピアニスト・響子(夢咲ねね)とその妹・真子(梶原ひかり)と同居。事件当夜は...

渡瀬恒彦さんの形見『警視庁捜査一課9係 season12』第2回視聴率11.6%

第2話あらすじ  大学研究室の屋上にいた黛(竹中直人)がプールに浮かぶ男の死体を発見。しかし、プールにたどり着いたときには死体が消える、という奇妙な事件が発生した。黛によると...

渡瀬恒彦さんの形見『警視庁捜査一課9係 season12』初回視聴率 11.5%

第1話あらすじ  倫太郎(渡瀬恒彦)が神田川警視総監(里見浩太朗)の命令で、内閣テロ対策室を改造するための準備委員会のアドバイザーを兼務することになった。不意に係長不在となっ...

渡瀬恒彦さんの忘れ形見-警視庁捜査一課9係 season12-あらすじ・ネタバレ・視聴率

法医学の権威として竹中直人がシリーズ初参戦! 井ノ原快彦演じる直樹にとっては、かつての恋敵!? 園田俊介役として中村俊介が久々の登場! 事件が、人間ドラマが、更な...

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here