ホテル・ルワンダ<映画・DVD>人間としてどう生きるかのお話に涙!

ホテル・ルワンダ

監督: テリー・ジョージ
出演: ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ
原題: HOTEL RWANDA
制作: 2004 イギリス/イタリア/南アフリカ

さて、どうコメントしましょう…

…心情的に酷評しにくい話です。ただ、みんなに観て欲しい。そしてちょっとだけでも良いから考えましょう。人類という生物のことを。
自分一人で生きてはいるわけではない地球上の出来事を知って何故?ってことを少しでも考えることが決して向こう側の人間にならない第一歩だと思うわけです。
戦争じゃないよね。これ。観た中には狂気だけが有りましたよ。そしてこういう狂気の集団心理って身近の小さなコミュニティーにもありませんか?

先日観た「ロード・オブ・ウォー」の中でインターポールから逃げるために証拠隠滅として持ってる武器をアフリカの人々に無償でばらまくシーンがありました。
女性や子供達にどんどん見境なく笑顔で差し出すシーン。「武器だけじゃダメだよ弾丸を持っていかないと。さぁどんどん持っていって」っとプレゼントを渡すサンタのごとく得意げなシーンです。そしてそれに群がる人達。ちょうどその時のような場所でしたね。ルワンダ。不安の中に置かれている人達ははたして本当にあのように誰でも武器を手にするのでしょうか?子供でも女性でも戦うんですか?

いえ、今日のこの映画はそういう銃を決して手にしない人たちの話です。希望や期待が一つずつ無くなっていく絶望の中でどういう選択をしていくのか、その時その時の支配人ポールの行動に「私だったらどうするだろう?」って本当に一々頭の中で一緒に考えながら観てきましたね。はい、だから疲れました(笑) あ…2時間、ルワンダの褐色な肌の 「ツチ族」 の女性になってです。ここ白人ジャーナリストじゃ有りませから。そこのところ重要です!

あまりにも身近にある死に大切なものを守りきれなくなりそうになって夫婦で話すシーンではもう私がポールの奥さんの気持です。いやあ…あそこはもう涙止まらなかったわ。
だけどね、本当にここには生きることばかりがあるんですよね。一度子供を産んでしまった母親としてはこれが正解だと思うんです。昔に観た映画で「ヒトラー最後の…」では、ゲッペルスの奥さんが自分たちの結末に子供達を毒殺して連れて行きました。やっぱり母としてはこんな結末選んではどんな状況でもダメだと思うんです。戦争反対を声高に唱える前に一個人としてすべきことの確認をさせてもらいました。はい。

さて、その奥さん役のソフィー・オコネドーが本当に素晴らしかったです。
安らいだときのほっとした片えくぼが映画の中の息抜きになりましたね。だから、ポールが彼女と子供だけを先に逃がそうと側を離れたときの狂ったような表情が対比して目から離れないんです。恐怖から耐えるときには必ず信頼できる人の支えがなければダメだって事なんでしょう。それが無くなれば生きる意味も失うって事なんでしょうか。ああ、ちょっとかなりな哲学的ぽいですか?

さてさて、それからですけど大好きなジャン・レノが出て居ました。ああ、やっぱり彼はすこぶる好みです。
今回良い役だったし本当に素敵!
まあ、彼が欧米の思いを代弁して 語っていましたね。でも、出番が少なくてちょっと不満だわ…

遠い過去に同様に実話を扱った映画で「遠い夜明け」と「キリング・フィールド」という2本があったことを思い出しました。どちらも観たのは最近ですけれどこれを観たあとは人に会いたくないくらいに目が腫れた記憶があります。 今回のこの映画もご覚悟あれっていうほど涙流れますから!

この2本と違うところは白人ジャーナリストの目から見た話じゃないってところです。
だからこの話の中には必然の生きることばかりがあります。ポールは確かに重要なポジションに居たかも知れませんがでも、これが必然でしょう?
誰にでも出来ることじゃないとか褒め称えるべき事でもなく、絶対にこういう事をしなくちゃ人間じゃないって話。
そしてそれが出来ないときには狂気の向こう側に行っちゃうんです。
ああ、なんだかやっぱり酷評し辛いけどでもとても観て欲しい映画です。
ただ、映画と割り切ることが出来ず実話という背景になんとなく心は苦しいですが…

だけど、生き残ったみんな「よく頑張ったね!」

是非、ご覧ください!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here