12人の優しい日本人<映画・DVD>三谷幸喜作品は全部見たけどこれが一番好き!

12人の優しい日本人

監督: 中原俊
出演: 塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善、山下容莉枝、村松克己、林美智子、豊川悦司、加藤善博
脚本: 三谷幸喜
制作: 1991 日本

沢山映画やDVDを観ていたんですけれど、なんだかこれは記事を書きたくなるような作品。
記事に書くと自分の気持や感想を一端整理して言葉に置き換えるのでなんとなくお勉強をしたあとのようなきぶんです。そして書くということはある意味発散することにもなりますので、今日のお付き合いくださいませ。

これは三谷氏は脚本という担当でお仕事されています。
昔、舞台でもこの演目をやりましたよね。

舞台も拝見いたしましたが、私は圧倒的にこの映画版のほうが面白かった!
もちろん映画とはそういうもの!舞台はそういうもの!と違う二つちをゃんと分けて考えないとダメだとは思います。

舞台は役者さんと空間を共有し、そしてその劇場全体のボルテージを観客も含めた全員で高めていくという感じがあります。終わった後に鳥肌が立つほどの感動が生まれることもありますね。みんなの歓声を聞く役者さんの気持ちもなんとなく私にも伝わって何度か涙したこともありますから。はい、舞台は舞台でとても良いんですけど。

さて、この題名、皆様ご存じのように古い洋画「12人の怒れる男」のもじりの作品でしょう。
これに似たタイトルの遊びを、「笑の大学」で堅物検閲官に劇作家の椿さんが一生懸命説明していらしたことを思い出しました。これだけで一笑いを狙ったというところでしょうか。それにしても古すぎてご存じない方も多かったのではないかと。
この作品も「笑の大学」と同じような1シーンのぶっ通しストーリーです。もちろん映画ではカット割りでその他のシーンも挟まっては来ますが、その扱いもとてもセンスが良かったなぁと思うんですね。「笑い…」もそうです。この辺が映画人の技なのかと感服いたしました。ただ、これはもう三谷氏の脚本の勝利でしょう。はい、傑作だと思います。

全員「無罪」の挙手から話は転がって転がって最後の決着と向かっていきますが、これ、12人の人物を描きながらもミステリー的に解決していく面白さも沢山あるんですね。三谷氏曰く、「貴方が13番目の陪審員です」通り、はいはいと自分の意見を発言したくなるんです。 本当にこういう演出は巧みでアッパレ。
大筋と関係ない所で語られる台詞に人物像の細かな設定が隠れていたり、最後の大詰めへの附箋もあるわけです。良いですよ!

こういう舞台劇を映画にした場合、台詞で語らせるだけじゃないビジュアルで訴えるという事にかけてはこの中原監督はとても素晴らしかったなぁと思います。それは舞台と比較できたからなおさら強調されたのかも知れませんね。だけどね、第5号陪審員の映画版では中村まり子さん、舞台では石田ゆり子さんの小道具の手帳を単純に比較するだけでも拘ったセンスってものが伺えそうな気がしました。

配役の良さも光ります!

是非、まだご覧になっていない方は動画配信サイトでご覧ください!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here